読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

柑橘類の陽

イラストだけでなく、言葉でも伝えられるようになりたいです。

「Endless SHOCK 2015」感想と舞台初観劇の友人の話

「Endless SHOCK 2015」感想

2カ月に渡る公演、お疲れ様でした。東京公演にはご縁がない私の中では、ここのところSHOCKは秋の風物詩です。大阪で前田美波里オーナー、福岡で植草克秀オーナーのSHOCKカンパニーを拝見することができました。

西畑くん好きとしてはカンパニーの新たな弟分・カイトが一番気になる訳ですが、ふぉ~ゆ~兄さんが2人のみ出演になったこともあり、去年の弟分役そのものではなくなっていました。たとえば、ジャパネスクでモロホシとカイトの二人がコウイチに斬られて階段途中からダイブしておりました。
カンパニーの弟分である3人(ユウタは2013秋のみ観ております。)を簡単に言い表すとこんな違いでした。
  小犬---------------------男の子
 ダイゴ------ユウタ------カイト

松倉くんを生で見たのは初めてでしたが、高めの歌声だけどもすごく「男の子」だなという感想をもちました。やんちゃな弟分で、「Yes, my dream」でもウチに文字通り跳びついていました。ダイゴにはウチから肩と腰を持ちにいってそれを受け入れる形だったので、ウチへの積極的な行動に新鮮でした。大阪ではウチ→カイトの頭わしゃわしゃ、博多では顎しゃわしゃわを見られたので満足です。
ウチがリカへ渡す指輪のくだりがあっさりとしたものになり、ウチとの関係性が少し変わったのかなというところ*1がウチダイ好きとしては残念でした。

そして当初はカイトに注目する予定だったのですが、そのシンメである諸星くんに視線泥棒をされっぱなしでした。双眼鏡を覗かなくても諸星くんの全身を見ていると笑顔が伝わってきて、すごかったです!諸星くんって3Dですね!?
せっかくおもしろさには定評のあるザキモロ師弟が揃っているのにアドリブ部分が少なくてもったいないとも思っていましたが、「Higher」で複雑な表情を浮かべるウチに対して「おまえも一緒に踊ろうよ!」とものすごく楽しそうな表情で誘う場面にて、二人ともコウイチと踊れることの楽しさがひしひしと伝わってきて、適材適所とはこのことだなと納得しました。
9月の日生劇場で「少年たち」を観たときに東西の違いを感じたこともあり*2、もしかして「アドリブが少なくなるなんて…!」と嘆いてしまうのは私が関西びいきだからなのかも?と思うようになりました。

リカ役の菊地美香さん目当てでも行ったため、「コウイチを挟んだウチリカシンメが尊い」という新たな視点が生まれました。小さい子と大きい子がシンメになることは滅多にないので、貴重なことだと思いました。
美香さんの伸びやかな歌声が聴けて良かったです。「SHOCKカンパニーの中に美香さんがいる…!」と今年もそれだけで泣きました。
美香さんのリカは純粋で、コウイチへの気持ちも恋というよりは憧れの方が大きそうでした。パンフレットのインタビューを見たときに、光一さんに全幅の信頼を置いているようなので崇拝しすぎないかと少し心配をしていましたが、コウイチの死を受け止めるシーンでは包み込むような愛を表現していて杞憂だったと悟りました。
マツザキがリカの背に手を置きながらハケるシーンが二回もあったり、コウイチの隣のマツザキを押しのけてベンチに座るリカだったり、二人はすごく仲良しなので、ウチはコウイチよりもまずマツザキをライバル視した方が良いのでは!?とも思いました。

内担の友達とは「今年も歌い方が変わってましたね!」「また上手くなったね!」「やはり『ペール・ギュント』の経験が」「安定して歌える音域が広がったのかな」などと話しておりました。こういう話ができるのも、SHOCKでウチが年数を重ねてきたからですね。楽しいです。

 

舞台初観劇の友人

「これ以上削る部分がないくらい、年々わかりやすくなっている」と評判の「Endless SHOCK」ですが、果たして本当に初めて見た方でもわかるお話なのだろうか?と(もはやコウイチの死に驚いた過去の私はいない。)いうことを疑問に思っていました。そしてやってきた舞台初観劇の友人との参加機会。和物や殺陣などの戦闘シーンが好きな子なので舞台を気に入ってもらえると思っていましたが、実際に充実した時間を過ごしてもらえたようで嬉しかったです。ジャニオタには慣れたフライング*3から驚いた反応に新鮮でした。あらすじもきちんと*4伝わっていたようなので一安心でした。

「鎧を着ていてもジャケットを着ていても光一さんは王子様に見えるね」
「オレンジパーカーの人が、多分フリー部分と思われる個所で腰を低く落として踊ってはって良かったわ♪どなたやろ?」

ちょっと待ってオレンジパーカって…!とステージフォトで確認した結果、やはりそれは松倉くんでした。「そこか、そこに来たのか…!」と一番に思いましたが、注目する部分が通な視点でおもしろかったです。多分私はその時に内くんと美香さんを見ていたので「それは絶対に松倉くんだよ!」と言える状態でなくて残念でしたが。ちなみに殺陣でのタツミもいたく気に入ったらしく、パンフレットやステージフォトを購入しなかったことを後で悔いておりました。今頃舞台誌を購入してくれているかもしれません。

 

まとめ

これまで15年間毎年に上演があるとはいえ、すでに来年は梅芸の9月に他の演目が発表されていたり、光一さんの千秋楽での発言により地方公演の開催はないかもしれず、誰がキャストなのかという点でも「例年通り」とは決して言い切れない舞台。長年やっているだけに「無事に幕が上がり、無事に幕が下りる」ことがどれだけ大変なことなのか、実感している人も多いと思います。
内担としては、内くんの演じるウチ役が好きなのでまた見られたら嬉しいですし、もし自分の好きな子が出ていなくても年に一回は見たい、大好きな舞台です。

そうこうゆっくりと文章をまとめている間に、10月26日の会見にて内くんが「Johnny's world」にプロデューサー役として出演することが発表されました。2010年のSHOCKでも思いましたが、申し込み締め切り前にキャストは発表してくださいって言ったじゃないか!(BGM「言ったじゃないか」)Jr.担はどこの現場につくのか予想して申し込むのが基本とはいえ、これは想定外でした。
帝劇枠で申し込んでいた私は、果たしてこの冬に13月を探す旅へとデビューできるのでしょうか。こうご期待です。

 

おまけイラスト

★美香さんのリカは無邪気でキュート。

f:id:yuzuhi:20151108213155p:plain

*1:去年まではリカに指輪を渡そうと気合いを入れるウチを応援するJr.たち、今年はウチをリカの元に押しやってからかうJr.たち(ウチ「今はタイミングじゃないって言ったのにあいつらが!」)に変更されていました。

*2:日生劇場版「少年たち」感想 - 柑橘類の陽

*3:光一さんのフライングの美しさは格別ですね。

*4:「舞台はブロードウェイ。カンパニーの中心人物であるコウイチが公演中に死に、幽霊となったコウイチとショーを行う中、その姿はついに消えてしまう。」