読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

柑橘類の陽

イラストだけでなく、言葉でも伝えられるようになりたいです。

「フォーリーブス コンサート~永遠の絆~結成50周年記念」1/27夜の部 レポート(後編)

舞台、コンサート

前編の記事はこちら↓

「フォーリーブス コンサート~永遠の絆~結成50周年記念」1/27夜の部 レポート(前編) - 柑橘類の陽


幕間(30分)

復活後のライブ音源?(曲の合間に話し声も入っていたので)が流れる中、SMAPさんの「夜空ノムコウ」も歌っていました。

 


第二部(約80分)

★黒タキシードで左胸には赤いバラが刺さっています。


9. オリビアの調べ
10. 涙のオルフェ
11. 壁のむこうに
12. あしたが生まれる

- MC(1) -
●スクリーンの映像について
マー坊「僕らがここで踊ってるのにね、みんなスクリーンを見てるんです!」(客笑)
トシ坊「こんなに努力したのに!」
マー坊「スクリーンがついつい大きいと見ちゃいますよね。」
トシ坊「ファンの方も一人で映像を見るのは寂しいよね。みんなで見るから楽しいんだよね。」

●ペンライトについて
マー坊「ペンライトを皆さん振っていただいて、同じ動きですごいんだよ!宗教みたい(笑)。どう?教祖様!」
トシ坊「…うーん、宗教作ろうか!ペンライト教(笑)。それにしてもみんな振り付けをよく知ってるよね!」
マー坊「フォーリーブスの振り付けは簡単だよね。時々ファンの人に振り付けを教えてもらうときもある(笑)。」
トシ坊「一つ一つの思い出が、こうやって皆さんに蘇っていただけたら嬉しいですね。」

 

13. ひとつぶの幸福
桜色の照明。映像上は左が公ちゃん、右がター坊。
♪ひとつぶの(客「Hey!Hey!Hey!Hey!」)♪幸福を(客「Hey!Hey!Hey!Hey!」)♪と合いの手が楽しいです。マー坊「フォーリーブスの中でも激しい曲ですね。」
トシ坊が曲中にアドリブを入れることが常な曲だと後で知り、曲中に上手へスキップで駆けた後、下手へ同じように向かいハケる…というところが今回のアドリブだったと思います。(そしてサビの踊りに少し遅れます。)過去にはペコちゃんやポコちゃん*1に扮装して歌う時もあった模様。*2

マー坊「ター坊がソロ(パート)の時にトシ坊が日によってキャンディを出したりね」
トシ坊「奇術師みたいにね!」

トシ坊「やっぱり50代と60代は違うよね!公ちゃんすごいよね!」
マー坊「60までバック転してたんだよね!」
トシ坊「世界でただ一人だと思うよ!あと一人いるとしたらパプアニューギニアあたりにいるんじゃないかな。良かった、(バック転が)できなくて。練習したことある?」
マー坊「あるよ。」
トシ坊「偉い!」
原宿で公ちゃんとター坊と練習したそうです。

 

☆みんなで歌うコーナー☆
14. 約束
トシ坊が一階下手通路に下り、マー坊は舞台中央で客席の歌唱を誘導します。

トシ坊「その日のステージで、曲や踊りを変えたりサプライズを入れていました。」
フォーリーブスの曲はほとんどター坊が歌っていましたが、ここからはソロコーナーへ。(2人はハケます。)

 

~ソロコーナー~
15. あなたの前に僕がいた(ター坊ソロ)
16. 愛と死(公ちゃんソロ)


★ベスト部分がスパンコール(トシ坊=銀、マー坊=黒)の黒シャツに、黒パンツ。


17.  急げ!若者
18.  標的
途中からメンバーカラーのサイリウムを持ってのパフォーマンス。
- 公ちゃんバック転の映像 -
19.  嵐のあと

キーボードで「君にこの歌を」が演奏されます。
トシ坊「明日東京に帰れるかな?一回目の初日公演、二回目の千秋楽公演を迎えましたが。」
マー坊「皆さんの声援で力が出せるというか…本当にありがとうございます。」
トシ坊「結成50周年、2人を亡くした悲しい想いを時々思い出します。皆さんと一緒に50周年をやり遂げることができて良かったです。この舞台に2人がいるような、支えとなりました。」

まずは、映像上で公ちゃん、ター坊がご挨拶。公ちゃん『本日は、平日なのにこんなにお集まりいただいて…』と今日の状況ともピッタリな言葉に少し笑いが起きる客席。

マー坊「よくよく考えたら1月20日は公ちゃんの誕生日…(生きていたら)67になるのか。そして明日はター坊の月命日…(客「命日!」)…月命日、命日ですか。一月にフォーリーブスが50周年をこういう形で迎えたことにはとっても意味があるのかな?と思います。トシ坊も言ったように、僕らも彼らの分を頑張らないといけないし、やっていこうと思います。」

マー坊「最後は、一番初めに行ったミュージカル『少年たち』のラストソング、『君にこの歌を』です。皆さんと歌ってお別れしたいです。」

20. 君にこの歌を
有志の何名かが自席を離れ、花束やプレゼントを舞台上のお二人に直接渡します。*3

 


アンコール

・パンパンパンパンと早目の手拍子に乗せて「アンコール!」と掛け声。

★お二人とも白シャツに黒パンツの衣装。


1. 夜のあいつたち
2. 若いふたりに何が起る
スクリーン上には当時の写真が流れます。
3. 新しい冒険

マー坊「汗と涙と鼻水でビチョビチョですよ!僕たちも体の続く限りパフォーマンスしていきたいので、皆さんも身体にはお気をつけてください。明日からの毎日をトシ坊とともに、離れる時もありますが、頑張っていきたいと思います。」

トシ坊「こんな長い友達が自分の人生でできるなんて思っていませんでした。こうやって見ると大切な友です。戦友です。そして僕の心の中で共に生きてきた皆さんがいます。フォーリーブスの名前を汚さぬよう、伝説のフォーリーブスとして生きていきたいです。」

4. ぼくたちの道

 


感想

とても楽しかったです。MCの安定感はもちろんのこと、数曲しかちゃんと覚えていない*4私でさえ心躍るパフォーマンスで、早くも私の中の2016年現場大賞で上位に入賞しそうです。
余計なところで叫ぶ人もおらず、場内でのパシャパシャというシャッター音も聞こえず流石大人の集まりで、そこのストレスがなかったのも良かったです。曲中にしっかりとコールをし、曲の振り付けやペンライトの振り方も完璧で、お手ふりを頂いて喜んでいる姿は私が普段いる現場と何ら変わらなく、客席にいるのは間違いなくお嬢さん*5方でした。50年経っても「アイドル」と「ファン」の関係が変わらないことが心地よかったです。次もまた参加したいのですが、お二人の話しぶりからそれはなかなか難しいことなのだろうな…と。最近色々な界隈で「行ける時に行っておかないと、後悔するかもしれない。」と感じているだけに、気になる公演はできうる限り参加しようと思いました。
そしてSNSで発信するのがメインでない客層なだけにセトリなどの情報が全く出回らなくて、日頃自分が情報の波がいっぱい来る界隈に生息している楽さを感じました。ポスターの画像も公演終了後にはサイトから消えているんですよ。保存しておくんだった…!
もし私がその時代に生まれていたらどなたのファンになっていたのだろうか?と考えながら、「ずっと君を愛してた」と「ひとつぶの幸福」が好きだなぁと、好きな曲を増やして帰宅したのでした。特に「ひとつぶの幸福」が、王道アイドルソングで非常にツボで、今さらながら沸き起こったこの気持ちをどうしたらいいんだろう!?と少し持て余して気味です。ステッキや帽子はないものの、関ジャニ∞「君の歌をうたう」NEWS「Say Hello」Hey!Say!JUMP「Puppy BOO」あたりがお好きな方はハマりやすいかもしれません。すごく可愛いんですよ…!

 

◇おまけ◇
お二人のブログが、若い子にも負けない「アイドルらしさ」にあふれていてとても素敵です。公演に関係している記事へのリンクです。

●トシ坊●
マー坊さんとの2ショット→
江木俊夫オフィシャルBLOG もうすぐ新歌舞伎座
練習中の風景→
江木俊夫オフィシャルBLOG 思いだすの大変
江木俊夫オフィシャルBLOG 暑いね稽古してるからね
江木俊夫オフィシャルBLOG レッスンしました
江木俊夫オフィシャルBLOG 練習して
公演後の感想→
江木俊夫オフィシャルBLOG 大阪新歌舞伎座

●マー坊●
トシ坊さんとの2ショット→
フォーリブス50周年記念コンサート! | おりも政夫Official Blog - 楽天ブログ
練習中の風景→
大阪・コンサートのお知らせで… | おりも政夫Official Blog - 楽天ブログ
公演後の感想→
フォーリーブスコンサー🎶新歌舞伎座公演 | おりも政夫Official Blog - 楽天ブログ
フォーリーブスコンサートの反響!(◎_◎;) | おりも政夫Official Blog - 楽天ブログ

 

◇もう一つおまけ◇
顔と名前を一致させないと話にならないと行く前に動画を見てメモった一枚。

f:id:yuzuhi:20160131214911p:plain

*1:トシ坊さんのあだ名の一つ。調べても由来がよくわからなかったのですが、∞の村上さんが「ヒナちゃん」と呼ばれているようなものでしょうか。
不二家のCMに出演した経験があることから呼ばれている愛称だそうです。(2016/2/2追加)

*2:曲調に合った振り付けも可愛くて、「これは私の好きな曲だ!」とすぐに悟りました。

*3:これぞ昭和…!テレビで見たことのある風景だ…!と少し感動。しかしこのシステムをジャニに適用したら確実に会場が戦場になるのでやってほしくないです。怖い!

*4:ブルドッグ」「踊り子」と、昨年の舞台で「君にこの歌を」「急げ!若者」は完璧に。2012年の内クリエで一度聴いたはずの「あなたの前に僕がいた」はピンとこなかったので要勉強。

*5:マー坊さんも客席いじりの時にそう呼びかけていらっしゃいました。