読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

柑橘類の陽

イラストだけでなく、言葉でも伝えられるようになりたいです。

X'mas show2015 感想【Aコン】

舞台、コンサート

基本的にセトリのネタバレOK派ではありますが(覚えられないので)、関ジュコンに関しては初回に入っておきたいです。初回に入ってイントロで「おぉっ!」と驚く楽しみが好きです。ちなみにこれ、初回の次の公演に入ると客席の驚き具合が若干薄まっていて、「どれだけ皆さん連続して入っているんです!?」となって、それはそれで面白いです。
余談ですが、∞さんはツアーオーラスが一番特別感があるので、一回だけ参加するならそこを選びたいです。(関ジュは毎回千秋楽の応募が落選しているから行けないということもありますが。笑)

 

+++
クリスマスメドレー
幕が閉じたままの状態での呼びかけの声に「誰だろう?」と思っていると、「赤名竜乃介です!」でびっくり。その次が正門くんの呼びかけで、「ままままままままさかどくん!?」としょっぱなから死にそうでした。去年の私に言っても信じない展開ですね。このメドレーの間はメイン4人が出ていません。なので私は小島くんを見ておりました。丘を越えたり急いでリンリンリンするあたりの動きが好きでした。赤チーム3人(赤名くん、正門くん、小島くん)が白いロングコートを着用しているので、アイドル度が高いです。ちびっ子ちゃん達のクリスマスメドレーは幸福の象徴。
そして道枝くんの口上*1により、新曲へと続きます。

「Dream Catcher」
Bコンではオレンジ色だった流星くんの衣装の色が、Aコン*2ではピンク色になっています。そして4人とともにいるのは、同じく紫色の衣装を着た赤名竜乃介くん!(※ロングコートは着用していません。)…という訳でこのAコンでは全体的に赤名くんが大躍進な活躍*3なのですが、私の周囲の反応を見ていても妥当と言いますか、頂いた機会を全部活かしてファンを増やしていっている感があって勢いがはんぱないです。恐ろしや。
ちなみに私が今年掲げていた心の中のファンサうちわ「ロングコートの裾を翻して!」が叶う瞬間です。うちわを見せなくても毎公演ファンサですからね!パリピポコンで見たバサアッはありませんが、その代わりにピャッとかバッと翻す様が拝めるのです。あのロングコートは重そうですが、動くだけでひらひらと裾が揺れるところがいいですね。途中からワッと人が増える演出が、「関西Jr.」全体をとても感じられました。
↓何でも言っておくものだなと思いました。



BAD BOYS
西畑くんのソロ曲です。ギターを弾く正門くんと背中合わせで歌う西畑くんの姿が見たい!と言っていた願いがここで叶います。バンドの見所といえばメンバー同士のアイコンタクトでしょう!激しさそのままで背中を合わせたり、見つめてからの背中合わせだったりと正門くんとはそんな感じなのに、隣にいるベースの吉岡廉くんとは顔を見合わせて頷く程度なことに、正門くんびいきを感じられておもしろいです。背中合わせ二連続はないにしても、肩を組んだり他にも方法はあると思うのですが。

「宙船」
「ピンスポを浴びながら花道でギターを弾く正門くん」という史上最強な正門くんがイントロに存在します。滴り落ちる汗がカッコイイです!!下からのあおりでお写真を撮りたいです!

「Do you agree?」
イントロが聴こえた瞬間に「うおおおお!」と思わず叫んだ曲。まさか松竹座で再び聴けるとは!本家の∞さんは、人気盛り上げバンド曲であるこの曲を超えよう、新しい次の曲をという流れなので、逆にこの先聴ける機会が少ないであろう曲です。参考資料は関ジャニ∞ 1st LIVE DVD「Excite!!」です。
ここでは、「赤いスポットライトを浴びてギターを弾く正門くん」という、これまた最強な正門くんがイントロに現れます。そして、西畑くんが今の位置にいるときにこの曲を歌えて良かったパート1です。だって大サビ前の一番オイシイ「Do you agree?」パートを歌っているんですもの!「Excite!!」でいうと、歌う内くんの耳元に横山さんが近づく26:09あたりですね。
まだ序盤なのにペンライトを振りすぎてこのあたりで腕が震えだします。年です。

「GUTS!」
ラグビーのユニフォーム姿に包まれたちびっ子ちゃん達の中心には、流星丸こと大西さんがそびえたっております。移動する際にパンツが見えないよう、上着を下ろしてから動く大西さんが可愛いです。「かわいい…」「かわいい…」とずっとざわめく客席、という面白いものが見られました。

「STANCE」
参考資料はまたまた「Excite!!」をお願いします。この曲は「君だけじゃ♪」のところで推しを指さすのが楽しいです。すっかりちびっ子に混ざって踊れるくらいにはフリも完璧になりました。ありがとうございます。
赤名くんと大西風雅くんが空手の型を披露する際は、音が止み、空調の音を楽しめます。

「負けへんでbaby」
重岡くんの際は「シゲシゲシゲシゲ!」とコールしていた部分はどうしたらいいのか、序盤の回では探り探りでしたが、「ダイゴダイゴダイゴダイゴ!」に落ちつきました。コールする楽しさ。私は「重岡くんと西畑くんがよく似てる」というのがよくわからないのですが*4、この曲を歌っている姿を見ると「関西を背負って立つ」という覚悟が似ているのかもしれないと思うようになりました。

スマイリーサンタコーナー
去年誕生した金色のビリケンサンタ像が現れて、4人のチームに分かれてゲームをします。
西畑くんは正門くんに対してだけあたりがキツイので「はいはい、仲良し!」となります。受け流す正門くんもまたよし。記事の下部にまさにし3ネタを載せています。

「Heavenly Psyco」
つい先日関ジャニ∞が発売した「侍唄」に、錦戸さん編曲の新バージョンで収録されたものを聴いた際、「原曲は先が見えない未来に対しもがき、仲間とともに歩んでいく当時の∞を投影させる曲だったけども、今回の編曲はそんな『若さ』を『思い出』として振り返っている大人の∞になっているな。」という感想を抱きました。より原曲に近い状態である関ジュの方が、今はこの曲にぴったりのような気がします。若さがスパイスですね。
西畑担としては、西畑くんが今の位置にいるときにこの曲を歌えて良かったパート2です。昔、ラジオで「おいしい」をテーマに選曲する際に「おいしいパートだから」と大倉さんが理由づけていた*5、あの!大サビ前のオイシイ大倉さんパートを!西畑くんが歌っているんですよ!時代に感謝です。私的千秋楽にて、「切り取るならこの部分だ!」という角度からソロパートを見られたのでスッキリしました。
プレイリストを厳密に作りたい方には、2ndシングル「大阪レイニーブルース」に収録されているバージョンをお勧めします。

「cHocoレート」
これは私が関ジュに歌ってほしい∞曲(厳密には横山さんのソロ曲)の一曲でした。龍太くん、選曲してくださってありがとうございます!しょうだいに歌ってほしいユニット曲を考えたときも一位にしたくらい、好きな曲です。*6横山さんソロコンの際は、龍太くんを含むVeteran6人がバックダンサーとしてつき、色違いのスカーフを巻いて踊っておりました。もれなく可愛いです。安田さんが横山さんに対して描く曲は可愛いので、関ジュにもどんどん歌ってほしいです…!
ちびっ子ちゃん達はきのこの山を模したお面(顔の部分は全部出ています)をつけてわらわらいる訳ですが、曲終了後にいかついたけのこの里軍団が難癖をつけてきます。

「ビリビリDANCE」
「ダダンッ(ビリビリッ)」と一瞬イントロが流れたときに次の曲を察した客席の高揚感が堪りません!超絶楽しい曲を再び踊れて幸せです。日替わり台詞の中では白王子風味だった西畑くんの「僕の言いなりに、なってみる?」が一番高まりました。唯一ビリビリに関係ないセリフですが。

「大阪ロマネスク」
ペンライト演出その一。イントロが流れ、龍太くんが「せーの!」というタイミング(サビの始まり)でお客さんはペンライトを一斉につける演出なのですが、曲をかけるための「どうぞ!」でつけてしまったお客さんに「消して消してー!」と龍太くんが言ったところ、曲まで止まってしまうという回もありました。確かにややこしいです(笑)。
歌詞に大阪の地名が含まれていることもあり、大阪で歌うとよりグッとくる関ジャニ∞の名曲です。恋をするなら御堂筋から!収録CDはシングル「∞SAKAおばちゃんROCK」の通常盤、アルバム「KJ1 F・T・O」、ベストアルバム「8EST」です。

世界がひとつになるまで
ペンライト演出その二。最初に「世界がひとつになるまで、点滅しましょう」と『うんうん…うん?』となる不思議な大西さんの口上が、あったり変わったり。染みついている手話の振り付けをせずにペンライトをふるのが意外と難しいです。

 

+++
まとめ

eighterなので回顧に浸る部分も色々とありましたが、好きな曲に楽しい思い出がまた一つ増えて嬉しいです。新しくファンになった方や、興味のないグループの曲だったから思い入れがないという方も、これから思い出や思い入れはできていくものなので、気にせず今の姿を楽しんでいきましょう。
「Dream Catcher」は初見で「NEXT STAGE」っぽい曲だなと感じたこともあり、クリパよりもこれから公開される映画とともに思い出ができていく曲だと思います。なので、私は今回のクリパを一曲で表すとしたら本編最後で披露された「LOVE」になります。後半のミュージカルメドレーからの流れもありますが、気持ちが温かくなって幕が下りることに一つの作品としての完成を感じます。

 ・∞曲が多め。+30pt
 ・「Dream Catcher」~「Happy Happy Lucky you!!」の二曲がロングコート着用。+500pt
 ・夏松竹の赤チームが揃う。+300pt

以上の三点より、私はBコンよりもAコンの方が好きでした。これも担当によって好みが違うらしいので、興味深いですね。

去年のクリパでも12/24の夜公演に参加しました。この公演では大西さんが体調不良のため急きょ出演中止となり、西畑くんとのユニット曲「私のオキテ」だけでなく歌唱パートも2人で行う部分がほとんどだったため、そのパートでは西畑くんが0番の位置に立って歌いました。その時に「みんなが元気な状態で0番に立つ姿が見たいなぁ」と思ったのですが、図らずとも一年後には叶っていました。ソロ曲もサビだけでなくなり、歌のパートもグンと増えて、衣装の色もオレンジ(黄色)系統よりも赤(ピンク)系統が増えました。この二年、濁流のように状況が変わっていく様子を目の当たりにしていますが、来年もまた私も無理せず応援できたらと思います。
今の私のわがままに、「そんなに西畑くんのファンが増えたというなら、ウチワという形でその状況を見てみたい!」というものがあります。夏以降ウチワを禁止されて戦い方を忘れつつありますが(∞コンで戸惑いました)、この夢も叶ったらいいのになと思っています。

 

+++
【おまけイラスト】


スマイリーサンタでは各回に一回は正門くんと西畑くんの絡みがあり、みんなのリア恋枠・正門くんにときめくこと多数でした。そしてこの「リア恋枠」が以前よりも広まっているようで、嬉しいです。

 

+++
Bコンの感想はこちら

X'mas show2015 感想【Bコン】 - 柑橘類の陽

*1:「クリスマスは家族や友人と一緒に過ごしたり、どこかへ出かけるのでしょうか」と言われる度に、「松竹座、もしくは仕事だね…」と少し真顔になりました。

*2:またの名をちびっ子ちゃんチーム、フレッシュキラキラ組、雪組。主に休日公演。

*3:バンド曲ではドラムを披露し、「STANCE」内でのフレジュ特技コーナー(ここで赤名くんが14年組の義務教育生だと思い出される)では空手の型を大西風雅くんとともに披露し、4人に次いで出番がものすごく多かったのです。しかし私は西畑くんを見て、その次に小島くんを見るので、赤名くんをちゃんと見られる機会が「STANCE」くらいしかないことに大分してから気が付きました。

*4:以前に両方が好きな方に質問したら「衣装の系統がすごく似てる」と返ってきました。

*5:聞くジャニ∞」2005年10月29日放送。同じ回に出演した横山さんはMr.Childrenの「CANDY」を選曲しました。

*6:https://ask.fm/yzhyzh/answers/125901438857