柑橘類の陽

イラストだけでなく、言葉でも伝えられるようになりたいです。

【SideM】ありがとうステくん~「アイドルマスターSideM LIVE ON ST@GE!」サービス終了に寄せて

2021年8月31日をもってサービスを終了した、エムステまたはステくんこと「アイドルマスターSideM LIVE ON ST@GE!」について、記します。
私はボス(大吾P)&都築さんびいきの旗アルテPで、冬美くん・ピエールくん・硲さんも推しています。

 

 

+++

私がゲームに求めるもの

私がステくんを始めたのはステsageモバageがまだ激しい2018年1月で、いろんな「別のゲームは○○できるのに!」という文言を目にし、「私はあまり重要視しないけど、この人は重要視するポイントなんだな~」と思うことがしばしばありました(逆もしかり)。もちろん最初から100点の出来ではありませんが、少しずつシステムに改良が見られましたし、私は単純にステくん向きだったんだなと思います。

 

【私がステくん向きだな~と自覚した点】

・越境ユニットが大好き*1
・イベントを走る際に使用するのは、HPのみ。*2
・協力プレイがない。*3
・モバエムの10倍はガシャで推しが出る。*4

 

最初はイベントストーリーの読破もやっとで、当時の全力で頑張ったピエールくん上位は惜しい所で取れなかったものの、少しずつ上位報酬にも手が届くようになり、また推しが上位となる頃にはバチバチに戦えるようになっていました。試行錯誤の末、だんだんできることが増え…という過程を経験できたエムステは、私にとって非常にゲーム性がありました。

モバエムしかなかったとしても、「今度こそ音ゲー!」と運営が言うサイスタがあの頃にあったとしても、私はSideMの界隈に居つけなかったと思います。
ステくんと出会えてよかったです。

 

+++

お勧めイベントストーリー

ざっくりと、前期より後期へ進むにつれて、重ねてきた関係性の変化が描かれていておもしろいです。イベストの内容を「準備:本番」に分けた場合*5、「5:3」か「6:2」になることが多いです。作り手によって同じアイドルでも描き方が違うことを含めて、楽しんで読みました。*6
イベントの周期からか共演回数が多くなるメンバーが出てきましたが、イベストの中で「ステ世界線での絆」が描かれるようになりました。次郎さんと雨彦さん、翔太くんとタケルくん、ピエールくんと夏来くん(他にもあるかもしれませんが…)。

 

ユニットストーリー

前半のボイスなしユニット6組は8章×10話(他ユニットも登場)、後半のボイスありユニット9組は5章×6話の構成でした。後半組の方が読み応えがあって好きですが、その中でも虎牙道とカフェパレが特に好きでした。

まず虎牙道は、立ち絵の動かせ方が可愛い!切ないエピソードもありつつ、あの時の伏線回収~っ!と歓声を上げたくなる最終章がスピード感があって良いです!道流さんがどんなことでも良い点を見つけて誉めてくれるもんだから、読んでいると自己肯定感が爆上がりしました。
カフェパレは、神谷・東雲オンリー話の大胆さと、だから神谷はリーダーなんだよな…と思える優しい流れにグッときました。アスランが「アイドルとして」子供たちに名乗りを上げる場面も、嬉しくて泣きそうでした。

旗は、第1章ではアイドル経験者の涼くんが引っ張る形だったのが、最後は3人で横に並んでステージに立つ姿にグッときました。
アルテは、全体の5分の4くらいが麗くんの悩む話でしたが、その残り5分の1にあたる都築さん話が、BGMを「ボクの背中には羽根がある」にしたい雰囲気で良かったです。

 

「Year End Live 2017」

前期の傑作だと思います。話の流れが自然で、翔真さんの上位が納得な引っ張っていく感じと、どの組み合わせも仲良しだったのが好きです。道流さんの迷言(?)「315プロダクションの仲間たちは、1杯のラーメンだったんスよ!」が出たのもこのイベント。甘酒を勧めた英雄くんにぷんすこ怒るかのん先輩がかわいい…。
(準備:本番:エピローグ=6:1:1)

 

「315 Shiny Stage」と「315 Fantastic Stage」

「5:3」や「6:2」形式に慣れた頭で1話を開くと、いきなり本番スタート。「0:8」だと!?ヒューッ!最高じゃん!!
「315 Shiny Stage」では、2周年記念イベントの会場にいた4人のエピソードが、その後に開催された「315 Fantastic Stage」では、一番遠い中継先に出ていた4人のエピソードとなり、補完される関係なのも良かったです。FES直後の隼人くん&玄武くん、雨彦さん&次郎さんの仲が深まり、これぞステ世界線…!
冒頭いきなり本番!?な形式は、その次の「それゆけ!パッション探検隊」でも使用され(この時は本番ではなく、事務所での練習シーンでした。)、基本形があるからこそ意表を突ける、話の組み立て方が良いですね。
(準備:本番=0:8)

 

大吾くん出演イベスト「真夏のひまわりフェスティバル」

ライブ前に民宿で夏を満喫する4人だが、民宿のお爺さん(類命名:ミスターひまわり)が息子と喧嘩したままだと聞き、仲直りをしてほしいと一考するお話。大吾くんと春名くんの「家族」に関する対比と、ノリノリなキリオ&類コンビの良さがありました。ステイベの中で一番、大吾くんの事情に踏み込んだお話でした。そして、準備時に小噺やなぞかけのひらめきを得ることの多い(が、描かれない)キリオのなぞかけが、ライブ中にしっかりと披露された点も良かったです!
(準備:本番:エピローグ=3.5:3.5:1)

 

ピエールくんと夏来くんの絆「花咲くSchool White Day」

「WORLD TRE@SURE 07 in FINLAND」を皮切りに、今作と「香りのWonder land」で共演したピエールくんと夏来くんは、にこにこと穏やかな空気感を漂わせる良いコンビになりました。
ホワイトデーのCMに、同級生・先輩・後輩・先生、各種取り揃えた配役を行い、アイドル仕事をわかってるやないかい…!と感心しました。日本の学校イメージがわかないピエールくんと、高校生活真っただ中の夏来くん。学校見学で仲良く過ごすことにどこか切ない空気が流れるのは、桜の情緒が見せるものでしょうか。
ピエールくんが思い出を残すために写真を撮るのは、初期の「Magical Memorial Show」からの流れでしょうし、「花咲く初夏のセレモニーライブ」で「旬だけでなくハイジョメンバーも憧れに」と話していた夏来くんが、「香りのWonder land」では「旬やハイジョメンバーだけでなく、315プロ全員が憧れ」と話すようになったのが、ステ世界線での成長を感じました。
(準備:本番:エピローグ=3.5:3.5:1)

 

都築さん出演イベスト「雨と奏でる四重奏」

推し(都築さん、雨、紫陽花)贔屓があるかもしれませんが、白×アースカラーの衣装とピッタリな雰囲気で進むお話でした。恭二、翔太くん、アスランの三人がテラリウム作りに悩む中、都築さんは超越していて。マイナスイメージを持ちがちな「雨」に対して良い思い出があるし、音として楽しんでいる…というところまでは予想できたのですが、雨が止んだ先についてまで考えていたのが意外でした。
(準備:本番=6:2)

 

「315 Passionate Live」

一言でまとめると、一生懸命な直央くんが尊い!!!
3周年イベントにてダンス面で成長した姿を見せたい!と、直央くんが漣くんに食らいついていくお話。直央くんが「努力をすればなりたい自分になれるって、今のボクは知ってるんです」と話すのは、前年の「共に歌おう!ハロウィンパレード」での経験があるからです。その時に道流さんの伝えたことが、直央くんの中で生きていて泣きました。なりたい自分を実現しようと努力する姿に弱いです…。
(準備:本番=6:2)

 

+++

ステくんのスタンス(システム部分での思い出)

大吾くんと都築さんはガシャで1枚は入手し、冬美くん・麗くん・ピエールくん・硲さんは少しだけガシャを回す運用でした。前者二人は復刻のおかげもあり、全カードの入手ができました。

f:id:yuzuhi:20210919203952j:plain

イベントは毎回衣装ライン(2凸)まで走り、無理そうな時は上位1枚だけでも、推しの上位は完凸走りでした。順位や獲得ポイントより、求めるボーダーを確実に越えたい気持ちが強く、推し上位時はボーダー+●万ポイントをキープする走り方でした。一日だけ集中して走る方法は向いていないので、毎日地道にポイントを重ねていました。削りたくない睡眠時間をゼリーで補う感じです。イベント序盤は、絆Lvがまだ3になっていない組み合わせで走り、途中のステージが1回でクリアできなくなると強いメンバー編成に変更して走りました。図鑑埋めが楽しいタイプなので、「全員絆Lv3にする」というド高い目標に向けて、イベントを走っておりました。(2020/12/31達成)

 

イベントが開催していない期間にユニットストーリーを進めていき、☆回収をする日々でした。一年半もすると、メモが所持数をあふれてプレボに在中しており、スターとゼリー以外のアイテムが常時余るような状態でした。

各アイドルの信頼度を上げると読めるアイドルストーリー(全3話)については、ユニット間でもスカウト時など話の矛盾ができていたのが気になりました。媒体内ではつじつまが合っていてほしいです。

 

数回だけ開催された「合同ライブシステム」については、完凸するにはキツイシステムだと思いました。普通にイベントを1ターン走った最後に、マッチングした数名のユーザーと合同ライブを行うのですが、そのユーザーは同僚ではありません。合わせたユーザーの評価が、ライブの結果に関わってきます。ライブで高評価だとこの時に表示される自分の評価が上がる…らしいのですが、当時の私はライブをしても「A」評価止まり、それならライブ部分をオートで「B」評価(オートだとライブをした時より評価が下がる)のまま進んだ方が周回できるからとオートで走っていました。逆に私とマッチングした方は、「B」評価ユーザーで申し訳ないなと思いつつ。当時の普通のイベント形式と、あまり順位は変わらなかったです。


サービス終了のお知らせを聞いて、「全部の曲をライブしよう!」より「全部のイベントストーリーを読み直そう!」が先に来たので、私は音ゲー部分よりもストーリー部分をコンテンツで重視していそうです。実際のイベントではストーリーを読み飛ばしてまとめて読む派だったので、じゃあステくんで何が楽しかったのか?と考えると、単純作業を重ねて、先にも書いた「計画して実行して試行錯誤して…」を行うのが楽しかったんだと思います。W@Yも、キャンペーン中に☆を得ようと1つ前の段階まで育てておいて、開始されたらその属性アイドルのみ順番に営業でファン数を増やして着実にゲットするのが楽しかったです。
ソシャゲにおいての、自分のスタンスがわかって良かったです。

 

+++

ステくんと私(思い出語り)

松竹座付近の喫茶店で、みのりPとWT中国を走ったなぁ…(別の友達がこの時Pになった)
梅芸期間のジャニショレジ列でハロウィンイベントを走ったなぁ…
地獄のあけおめグッズ列で心が折れそうな時に、復刻ガシャを回したなぁ…

 

とまぁ、私のジャニオタ現場に寄り添ったステくん生活でした。ステくんを始めてから、スマホの画像フォルダにゲームのスクショ画面が増えました。

 

都築さんとの出会い

イベントを走るのに少し余裕が出てきた頃に刺さった、山梨イベの都築さん。「綺麗のたとえに相方の歌声を使うのか~」と興味を持ち、ちょうど来ていたアルテの情報供給の波に乗ってすごい勢いで情報を摂取した結果、アルテPになりました。今でも時々「何であの時は急に刺さったんだろう…?」と不思議に思いますが、この時の私に足りない成分が都築さんだったんだろうな~と思います。

f:id:yuzuhi:20210919203829j:plain

 

楽しかったWTドイツ戦

WT04中国の時は「自信がないから走りたくない…(それまで5000位に入れてない)」とべそをかいていましたが、05ハワイを経ての06ドイツが都築さんと冬美くん同ユニ!やったー!絵柄発表で「上位冬美くんの隣に都築さんがおるやん!」と最高にハッピーで踊りだしたくなる中、「都築さんを衣装持ち(2凸)にするには…天井まで課金する…?」と悩むガシャ結果でした。しかしそこで、WT中国からエムステを始めた友達が「ガシャSRかのんさんをゲットしようと完凸目指してたんですよ~!」とWTハワイを高い志で走っていたのを思い出しました。試走して必要なゼリーや予想ボーダーを計算した結果、「完凸できるのでは?」と走る覚悟が決まりました。冬美くん完凸とともに都築さんが衣装持ちになるなんて、走り甲斐がありすぎました。楽しかった~!

f:id:yuzuhi:20210920162758j:plain

他に遠い目になったガシャは、ひまわり大吾くんとホワイトデー都築さんと花火大吾くんかな…。天井はしていませんが。

 

大吾くんSOLO実装

旗で実装されるのは「涼くん→大吾くん→九十九先生」かな~と予想していた順番が、いい方向に裏切られました。しかもタオル実装!ありがとうございます!!!!映り込みでないレベルのタケルくんは、FES相手ではなさそう…?

f:id:yuzuhi:20210920162851j:plain

 

そんな大好きなステくんでの後悔は、以下の3点です。

 ・推しユニのDOSをステくんで走りたかった。*7
 ・二度目の大吾くん上位を走りたかった。
 ・もっと推しのFESを浴びたかった。

 

媒体によってアイドル達の関係が少しずつ違うものだと理解しているものの、ステ世界線で強まっていった各アイドルの姿がもう見られないのかと思うと、すごく寂しいです。でも、ステでゲットしたカード類がモバエムで閲覧でき、ステ世界線での出来事が完全に0になった訳でないことに感謝しています。

さいこうの夜(4月1日は忙しすぎて全ルートを回れなかった…)や、サンサンレイニーズ&そうちゃんみっちゃんの概念が、またいつかどこかで見られたら嬉しいな…!

 

ステくん、お疲れ様でした。すごく楽しく過ごせたよ!

f:id:yuzuhi:20210124162452j:plain

 

*1:箱推しよりも単推し気質が強いのと、各ユニットで推しが一人以上できないことが多いため、推しと推しの組み合わせ…つまり越境を望むようになる傾向があります。

*2:声優さんを追う中で色々ソシャゲをやってみたところ、HPとMPのような2項目を駆使する形式が主で、両方をうまく使いきれなくてイライラしました…。

*3:ゲームくらいは自分のペースで進めたいです。

*4:モバエムでは自力で引いた時にのみ入手できる「称号」、推しは0に近い。

*5:DOSに倣って「プロローグ」「準備」「本番」「エピローグ」に分けるべきかと後々思いましたが。

*6:私はすぐ「作り手だったら…」の方に気持ちが行ってしまうのですが、どの4人か、絵はどの段階で決まるのか(絵先?話先?)、キャラクターのどの部分をピックアップするのか、これまでのエピソードとの整合性は?等考えるのが、大変そうだけど楽しいです。この話は伏線を張りたい人、これは引きを作りたい人、この人は省略しがちなど作者人格が出ているような気がして。

*7:モバエムに引き継いで開催されて感謝しておりますが、モバエムで推しガシャ運がない身としてはつらい。推し率が6分の2だろうが7分の3だろうが、引けないものは引けない。

1シーズンの区切り~「関西ジャニーズJr LIVE 2019 Happy 2 Year!!~今年も関ジュにchu Year~」雑感~

当時の簡易メモと発売されたDVD*1を見直して、感想をまとめました。私が実際に参加した公演は、1公演目(1月3日)と3公演目(1月4日昼)です。

 

 

+++

セトリ順の感想

OP映像
白バックに白い衣装で可愛いポーズを決めていく面々。写真でなく、新規映像。豪華~!
西畑くん→(以下、画面左から)康二くん龍太くん→流星くん長尾くん→恭平くん道枝くん→丈くん大橋くん→小島くん正門くん→琉巧くん風雅くんニシタクくん斗亜くん彪太郎くん。
笑顔のニシタクくんからノイズが入り、黒い衣装とダークな画面に変わり…順番にたたきつけらヒビの入ったガラスが割れる。

「Can't Stop」
なにわ男子がポップアップで登場。盛り上げ曲から始まると思っていたので、クールな曲始まりは意外でした。

「Loud-X」
おなじみの「謹賀!」\新年!/コール。

「ハチャメチャ音頭」
「UME強引オン!」
クールめな楽曲続きから、関西らしさあふれるブロックに。

◆ジャニーズメドレー
「Troublemaker」(龍太・大橋・長尾・斗亜・西村・風雅・今江・朝田)
ストライプスーツを着たメンバーが、メインステで軽快なステップを。

「前向きスクリーム!」(丈・流星・道枝・恭平・末澤・リチャ・琉巧・彪太郎)
センステで元気よく。丈くんと楽曲の親和性が高くて、印象に残りました。

「山手線外回り feat.GUSSAN」(西畑・正門・古謝・真鳥・大晴・岡・佐野・奥村)
もちろん駅名は大阪Ver.の方で、バクステのワイパー祭り。

「Chu Chu Chu!」(丈・大橋)
センステ。丈くんが青、大橋くんがピンクジャケットで、シンメ感ましまし。純粋な二人っきりの空間がうらやましかったです。大倉Pがここのコンビを推したがるのは、すごくわかります(笑)。

ファンタスティポ(龍太・風雅、小島・斗亜)
外周ど真ん中。龍太くん&風雅くん、小島くん&斗亜くんという、日頃の関係性を踏まえての選抜が嬉しかったです。このコンサートで一番描きたくなるのは?と考えた上で、ドル誌に4人のイラストを投稿しました。

青春アミーゴ(康二・末澤、道枝・恭平)
同い年で何だかんだ仲がいいすえこじと、同期のみちきょへコンビ。身長の関係もあるでしょうが、なにわ男子が結成されてから道枝・恭平コンビ推しが増えたのは、大倉Pの嗜好もあると思います。

「よく遊びよく学べ」(流星・長尾・ちびっ子)
道枝くんと恭平くんがコンビになると、この二人は『ザ・アイドル』なコンビになるんですよね。水平ルックのちびっ子がかわいい。

「SCARS」(リチャ・真鳥・古謝・今江・朝田)
ここまで盛り上がる曲の連続だったところから、しっとり歌って空気を変える。

Luv sick」(康二、西畑、末澤、正門、西村)
青い康二くんとピンク色の西畑くんが背中合わせからという、強い始まり。(私は背中を預け合うシンメやコンビが好きです。) OPのガラスを割る映像*2 にも通じる、各ラインから選抜したメンツといった趣です。後のラジオでニシタクくんが「西村も『Luv sick』やるか?」と訊かれてハイ!と答えたらこのメンバーで…というような話をしていましたが、大人めのメンツにニシタクくんがいるからこそ幅が出て良いと思います。

「Can do! Can go!」
「Jr.がよく歌う楽曲」と知らしめたのは東の黄金期のJr.であって、関西Jr.はそうでもなかったと思うのですが、『Jr.伝統の楽曲』に位置付けたいのだろうし、これからJr.を知る方々はそう思うんだろうな~と思いました。

 

異種格闘技戦
∞レンジャーを連想させる文字ナレに続き、レフェリー康二くん、解説者に正門くん龍太くん丈くんを迎えて進行します。梅芸の時と異なるのは、トーナメント方式だということ。初回でトーナメント表を見た時、「私たちが参加すべきなのは明朝の公演じゃ?」と佐野担と顔を見合わせました。1/4昼公演では、前回(朝公演)の映像が少し流れたのでありがたかったです。*3


【トーナメント表:以下ネタバレ注意】

f:id:yuzuhi:20210722222410j:plain

千穐楽は、準決勝と決勝の3対決。覆面ジョーは、トーナメント表が発表された段階では「???」と表記され、シークレット扱いでした。
DVDに収録された中で、優勝者の佐野くんは2対決におけるネタの組み立て方がうまかったですね。 

 

「LOVE & KIMUCHI」 BTK(大橋・リチャ・小島)
始まる前にシュン・ヒュンジュン(丸山さん)とTAKATSU-KING (村上さん)の映像がありました。本当に∞さん全面協力な関ジュサポートですね…!DVDには収録されずで残念。*4
大橋くんの緑、小島くんの緑(ミッデビ由来?私は小島くんが好きな色に挙げるオレンジも振りたい)、リチャくんの黄色に客席が染まり、健康的な色合いでした。
千秋楽では、梅芸公演で披露されていた「夏のカナタ」で大歓声!と聞き、前曲の方が人気なんだな~と思いました。(私も梅芸の方が衝撃を受けましたが。)

「缶10DANCE」
様々なダンスパフォーマンスの合間に缶を10個積み重ねていこうとするも、途中で失敗(わざとっぽいのやガチっぽいのが混在)し、振り出しに戻る。3回目でしっかりキメる、上質なコント。\あけましておめでとう/

「BE YOUR ETERNITY」 アイドル7(流星・ちびジュ)
アイドル7が歌う部分を、推しがステージ上で歌うと思うと、悲しくなって\そんなことないよー!/と力強く叫びたくなります。その\そんなことないよー!/にあたる部分とさらなるアイドル側からの返しが、曲終わりに西畑くんが話す言葉なのかなと思います。操るのは、誰か(事務所)→アイドル→ファンなのかな~。

「おみくじハッピー!」
あけおめコンでは披露マストにしてほしい、おめでたい曲。龍太くん・正門くん・リチャ、康二くん・小島くん・末澤がスタトロ。

「SUPER ROCKET」(西村・斗亜・風雅・彪太郎・琉巧)
梅芸の「Midnight Devil」しかり、オリジナルメンバーを大事にしたい一方で、その時々で合うメンバーに歌ってほしい気持ちもあります。後に「Lilかんさい」となる5人にピッタリな、未来を感じさせる曲。

「Nightmare」(康二・龍太・末澤・リチャ・真鳥・今江・朝田)
この1シーズンは、この7人が“クールなダンスでカッコイイ曲”部分を担っていました。

「なにわLucky Boy」
「ダイヤモンドスマイル」
青×白の王子様衣装に加え、非常にキラキラ煌めく楽曲なので、初見は「Beit(SideM)の『TOMORROW DIAMOND』みたいな曲だな~」と思いました。*5つまりは”王子様感を増してる”ということで、後の『2曲目問題』でも少し触れますが、なにわ男子の向かいたい方向性がこちらなのだと思います。その後のTV番組等ではラキボよりも披露回数が圧倒的に多く、なにわ男子の代表曲になりました。


◆往年の松竹座メドレー
…と、勝手に呼んでいます。笑

「ロマンティック」
求められるパラパラの難易度がやや高かったので、「踊って~!」と煽られても対応できませんでした(笑)。

「Hi!Ho!」(西畑・流星・斗亜・風雅・彪太郎・琉巧)
ここでハイホーが来る!?と松竹座を飛び出したこと(2013年の少クラin大阪でも披露しましたが)に初見は驚きました。大西畑の組み合わせを久々に見た気がします…。嬉しい。

「昨日の月が見える頃」(龍太・西村・風雅)
私が一番興奮したイントロでした。「ポポロ」2018年5月号で春松竹の見どころにニシタクくんが「チビ組6人で歌う『昨日の月が見える頃』で、ふたりずつのパートがあるから注目して」と言っていたのに実際は披露されなくて、何でやねん!と憤っていた程に大好きな可愛い曲です。そのセンターが龍太くんなのは、メドレーの中でも一番昔の楽曲だからでしょうか。
真鳥くんもいたら当時の関西BOYS(5人)を彷彿させてエモいのに!でも可愛い曲に真鳥くんが出るのはもったいないか!と思い直していました。私がちょうど∞にハマる頃によく歌っていた印象で、懐かしいです。

「アメフリ→レインボー」(康二・道枝・恭平・正門・末・リチャ)
ジャジーなアレンジで、歌を聴かせる演出はそのまま。

「ビリビリDANCE」(丈・大橋・長尾・小島・古謝・今江・朝田・大晴・佐野)
本来は\キャー!/となる台詞部分で大喜利気味。小島くんはよくビリビリでなく、ビバビバしていました(笑)。

「BIG GAME」
ギターが強めで、炎を感じる原曲とは編曲が異なりました。

Blow out
引き続きオラオラ系な楽曲な中、後半からバンド組(ギター正門、ベース陸、キーボード小島、ドラム佐野)は次の準備にとりかかります。

「君からのYELL」
アイドル7の楽曲をバンドアレンジで披露。コンサート終盤にふさわしい、疾走感がとても良い!楽しすぎて泣きそうになります。

「My Dreams」
最後はしっとり締めます。最後に「My dreams Our dreams」と表示され、ちなんだ挨拶が後でもありますが、生活・人生がかかっているアイドル側と、あくまで趣味なファンはイコールにはなれないと個人的には思っています。


◆アンコール
「バンバンッ!!」
「Happy Happy Luvky you!!」
なにわ男子がスタトロ。

◆Wアンコール(千秋楽のみ)
「ハチャメチャ音頭」

 

+++

∞さんプロデュースについて

∞が関西Jr.をプロデュースすると聞いた時、「梅芸・クリパ・あけおめ」で1シーズン・1パッケージだと思っていました。しかし幕が上がると全て別のセトリで、出演メンバーは前年以上に大変だったと思います。*6

はじめは、46人全員に何かしらの順番がやってくる!?と思いましたが、数年経った今わかるのは「全員主役」を謳える人数には上限があるということです。気持ちとしては全員にスポットライトをあてたくても、時間や場所には限りがあり、順番も出てきます。仮に∞がプロデュースに携わらなかった世界線はどうだったろうと考えた時、春夏冬と季節を繰り返す竜宮城のような松竹座とはいえ、ずっと同じではいられなかったと思います。


+++

2曲目問題

梅芸からの公演で新ユニットの1曲目・2曲目披露が3組もあり、アイドルを考える上で短期間にサンプルが集まって興味深かったです。似た曲調でいくのか、違う一面を見せるのか。選択が難しいです。

●なにわ男子 「なにわLucky Boy」→「ダイヤモンドスマイル」
1曲目のラキボの時点で「関西のユニットがこんな爽やかな王道曲を歌ってもいいの!?」と驚きましたが、2曲目はよりキラキラ感が増し、ユニットのカラーが印象付けられました。なにわといえばダイスマという人も少なくないはず。

●アイドル7 「君からのYELL」→「BE YOUR ETERNITY」
どちらも「アイドルとファン」をテーマにしており、楽曲後の西畑くんの言葉までを含めて、私たちファンへの語りかけとなる仕組みになっています。アイドルの陽と陰といった趣で、2曲は曲調が異なります。
未だわかりやすい『ザ☆アイドル』の演出が光GENJIくらいの昭和風味で、一時代を作った先輩は偉大だと思います。

BTK 「夏のカナタ」→「LOVE & KIMUCHI」
コミカルな内容を真剣に歌うことで、可笑しさがじわじわと滲みでてくるユニット。同じ路線の楽曲内容(韓国料理)ながら、2曲目は壮大感を増すアレンジに。3組の中では、一番変化がなかったかもしれません。


+++

その他雑感

グッズのプレ販日を設けられ(告知はもっと早くしてほしい…)、去年の比じゃないくらいであろう数のグッズを用意してくださり、レジの台数も増えたのですが、相変わらずの「地獄のあけおめグッズ列」でした。何でなんでしょうね(笑)。どうやったらこれは解消されるのか。

そして今思い返しても、なにわ男子担と他のJr.担で大きな隔たりがあるように感じていた、胃の痛い季節でした。*7

龍太くんに何かが起こると伝わってくる千穐楽公演のレポは、ファンの感情が渦巻きまくってTLがまさに地獄でした。某ドキュメンタリー番組が悲劇的な味付けを好むのが苦手で(もちろん、番組を見て「○○くん頑張ってるんだ…応援しよう!」と好意的にとらえる方がいるのは理解しています。)、DVDに千穐楽公演が収録されると聞いた時も、果たして自分はちゃんと見られるのだろうか…と心配になりました。少し時が経ってからの販売だったこともあり、予想していた程の地獄みを感じませんでした。

久々のブログ編集で、当時はTwitterでバーッとRTしたり呟いたりでたくさん触れたはずのことでも、すっかり忘れているな~と改めて思いました。100%絶対に合ってる!と言えることはまずないので、少しでも疑問に思ったら調べたいです。
昔の自分が書いたブログが思い出すのに役立っているので、開催から時間がだいぶ経った公演だとしても、自分に余裕のある時に書き進めたいと思います。

*1:「素顔4」関西ジャニーズJr.盤収録。

*2:ニシタクくん→道枝くん→斗亜くん→正門くん→康二くん→西畑くん。

*3:この時小島くんが扮した幼稚園児ケンちゃんは、後の「僕らAぇ! groupって言いますねん」凱旋公演で披露されました。

*4:文字ナレ映像が区切りになって1コーナーになり、BTKをカットしてもさほど不自然ではありませんでした。

*5:その青×白衣装は、西畑くん→ピエールくん、道枝くん→みのりさん、恭平くん→恭二くんに着ていただきたいです。一曲目の「なにわLucky Boy」はジャニーズWESTの「パリピポアンセム」っぽいな~と思っていたので、私は曲調よりも衣装や照明等の見た目で似ているかを判断していそうです。

*6:前年のあけおめコンは、クリパで行われた兄組・次世代組の集大成といった内容でした。

*7:次の季節(春)までに康二くんのすの加入、龍太くんの舞台発表、Lilかんさい結成、Aぇ! group結成があり、それぞれが担当の応援に力を入れる人が増えていくでだろうことに喜びました。

「関西ジャニーズJr. あけおめコンサート2021~関ジュがギューっと大集合~」雑感

大阪城ホールで開催される予定だった毎年恒例の関西Jr.公演は、無観客配信に姿を変えて行われました。日替わり部分は3日(初回)を優先で表記し、別回の披露曲は続いて併記しました。4日の1部は見られませんでしたが、後で調べやすいように注釈等をつけて記載しています。

+++

セトリ順の感想


☆お正月っぽく、初詣の縁日風メンバー紹介映像。


1. 「アホ新世界」
ステージ中央の円形セリにぐるーりとJr.が登場で、ホールケーキみたいな豪華さで登場。秋冬の各ユニライブでお披露目となったこの曲は、関西Jr.全体で歌ってこそ楽曲の良さが増す、”関西ジャニーズJr.”らしい楽曲だと思います。
間奏は、あいうえお作文や目標大喜利


2. 「ジパング・おおきに大作戦」
人数が多い事を活かし、外周をぐる~りと回る人の配置。西畑くんと正門くんの煽りを経て…


3. 「Loud-X(新春Ver.)」
謹賀!\新年!/謹賀!\新年/のコール&レスポンスをしないと、新年になった気がしません。ここまでの3曲が「関西らしさ満載の盛り上げ曲ブロック」かと思います。


【挨拶】


Aぇ!groupコーナー
4.  「Break Through」
5.  「Firebird
Aぇ楽曲の中で、アップテンポで明るめの楽曲が並んだのは次との対比でしょうか。

6. ~Fan's Selection~ 「YSSB」
グッと雄々しいダークめなダンス曲。ドローンあり。


Lil かんさいコーナー
7.  「Lil Miracle」
4日は「Tell me Tell me!!」、5日は「ミライヤー」を披露。他ユニより1曲少ないため、日替わり披露になったのかもしれません。「ミライヤー」を見たかったので嬉しいです。

8. ~Fan's Selection~ 「A.D.D.I.C.T.」
オリジナル曲のキラキラさとは違う方向で魅せるべく、カッコイイダンス曲のセレクト。ドローンあり。


9. 「Hey! Say!」(Boys be)
ちびっ子がフレッシュな曲を披露するのは正義。振りが揃ってなくてもかわいい。成長が楽しみ。


なにわ男子コーナー
10. 「Shall we…?」
11. 「2 Faced」
前2ユニとは逆にクールなオリジナル曲を並べたのは、次との対比からかもしれません。

 

12. ~Fan's Selection~ 「シンデレラガール」
既に見たことがある気がするのは幻覚です。なにわに似合う、王道キラキラソング!

 

13. 「BIG GAME」
14. 「Blow Out
この2曲は昔から関西に伝わる、ダークな雰囲気漂うオラオラ全体曲ですね。


【MC】
(4日夜)先の小MCでもやっていた、一時停止からの逆再生に見せかけたAぇの団体芸がおもしろかった!
(5日)誰がお年玉を渡すか20歳以上で男気じゃんけんを行い、一次予選を突破したのが推し推し(西畑くん小島くん正門くん)で笑いました。

 

15. 「夜這星」(なにわ男子)
主演ドラマの主題歌なので流星くんが楽曲の説明をしましたが、「青春=流れ星では?」という解釈が良かったです。しっとりバラード。

 

16. 「one chance」(澤田、福井、奥村、岡、陸、楽、太郎、浦、大内、藤森)
現ユニットにないカラーを求めるとしたら、ダンス系になるのがわかります。


メンカラメドレー
その後のとれ関で、ザックリとした曲調指定はある中で本人達の選曲だと判明しました。楽曲だけの好みで言うと、私は赤オレンジ黄セレクトの楽曲が好きです。

17. 「Prince Princess」 (西畑・末澤・斗亜)
王道。もし末澤くんが女装で…となると、冒頭ではなくラストの配置じゃないと成り立たないだろうなと思いました。関西とはいえ、普通に歌ってくれればそれでええんやで。

18. 「無鉄砲ボーイ」 (長尾・リチャ・岡﨑)
ウエイター風味の衣装(で良いでしょうか)でキマったカメラアピールが入り、好きな演出でした。

19. 「Real Sexy!」 オレンジ(流星・大晴)
爽やかなアイドル曲で、セクゾは久々な感じ。(流星くんの考えたセトリはセクゾ曲が多くなるイメージ。)私はちぇちぇコンビと呼びたい。

20. 「Oh! my daring」 ピンク(道枝)
3ユニでのメンカラメドレーは、合法的にみっちーのソロを流せる仕組み…と唸りました。本人が楽しめるのが何よりですが、山田くん楽曲はファンから求められているものでもあると思います。

21. 「Big Bang」 (大橋・佐野・琉巧)
728の日は歌唱力に振り切った選曲でしたが、今回はダンス色強めの選曲。どちらにしても技術の高いメンバーが揃っていますね。

22. 「My Life」 (恭平・小島・風雅)
“紫”のイメージに合うセクシーめな楽曲で、アイドル自身とイコールのイメージではないところがおもしろいと思いました。

23. 「何万回だって『君が好き』」 (丈・正門・西村)
しっとりバラードで歌いあげる3人。


【小MC】
ここに出演すると後の曲披露ができないため、いない方が嬉しいかもしれないという事態になりました。3日は西畑くん・リチャくん・風雅くんの謎メン、4日2部は長尾くん・末澤くん・琉巧くんの「末長く」、5日は大橋くん・大晴くん・岡﨑くんの金髪!?食いしん坊!?メンバーが担当。*1


24.  ~Fan's Selection~
ユニットリクエストは楽曲固定なんやね?と不思議でしたが、投票時に想定していた「日替わりリクエスト楽曲」がこちらの形式でした。楽曲+メンバーでエモみ溢れる選抜が多かったです。逆にそういうエピソードがないと選出されにくいのかと思うと、次回開催時の選曲が難しいですね。映像でもトークでも何でも挟んだらいいので、直後にJr.ダンスコーナーがあったとしても、ユニットメンバー以外の参加曲も見たかったです。ちなみに私は11年組に当時の衣装で「With you」をリクエストしました。いつか叶いますように。


3日「SUPER ROCKET」(流星・恭平・道枝・長尾・佐野)
…りとかんの名が付く前の5人に引き継がれた楽曲。既に懐かしいメンバー。

 

4日1部「青春アミーゴ(西畑・正門・小島・福本・西村・風雅・岡﨑・琉巧)
…2人ずつ分かれての披露と聞いたものの、単に楽曲人気とこたるくをどこかに参加させたいからだろうと思いました。16年組(斗亜・岡﨑・琉巧・佐野・太郎)で票を集めやすい思い出曲があればなぁ…。

「Missing Piece」(大橋・丈・末澤・リチャ)
…これはFunkyの者たちの投票でしょうね。


4日2部「Midnight Devil」(西畑・大橋・丈・正門・小島)
…根強い支持の初代ミッデビ。3日にスパロケがあったので、期待せずにはいられませんでした。

 

5日「パンぱんだ」(小島・斗亜)
…これまで斗亜ちゃんの出演がなかったので、斗亜担はどこに投票したの?と不思議だった答えが「こじとあ」でした。小島くんが挨拶で「感無量です」と話したのが全て。ペア曲おめでとう!良かったね!!

「君にHITOMEBORE」(恭平・道枝・長尾・西村・風雅)
…まいジャニでも放送された、15年組のオーディション楽曲。エモい!(うらやましい)


【Jr.ダンスコーナー】


25. 「Game of Love」
26. 「NO LIMIT」
ビグゲ→Blow Outにも通ずる、全体でオラオラと盛り上げていく流れ。新曲「NO LIMIT」はユニバ関連曲か?という説*2が出ましたが、どうなんでしょうね。花火や炎が出て、豪華な演出でした。


27. 「バンバンッ!!」
わちゃわちゃフリータイム。ドローンとの戯れ。


【挨拶】
各ユニットまんべんなく、挨拶への選出。
(3日)西村くん、正門くん、西畑くん 。(4日1部)斗亜くん、末澤くん、道枝くん。(4日2部)琉巧くん、佐野くん、長尾くん。(5日)風雅くん、小島くん、流星くん。


28. 「空言オーケストラ」
前年ドームコンのラストと繋がるような、”これから”を予感させる締め方にしたかったのかな~と思いました。


【アンコール】
回替わりで3ユニ以外の子が登場し、配信を見ているお客さんに\アンコール!/と煽る役割かと思いきや、小漫談のちに曲への煽りになりました。言わせておくれ(笑)!

1. 「ハチャメチャ音頭」
アンコールはお祭り騒ぎで盛り上がらないと!


2. 「関西アイランド」
間奏のやり取りは、(3日)丈リチャ。(4日1部)山中くん丸岡くん千田くん篤志くん角くん。(4日2部)末澤くん西村くん。(5日)正門くん西畑くん。
「あちゅしがカメラになでなで」とメモがあって、自分の驚きがよくわかる…。

 

3. 「ロマンティック」(5日のみ)
コール&レスポンスのできない現地でやるのは何なん!?と思っていたので、今は配信で見たい曲。ステージに立つ人はお客さんがいる状態の方が嬉しいのだと思いますが、大声を思いっきり出せるようになってから聞きたいです。

 

★会員限定ステージ裏トーク
選ばれた一人が書初め→軽いトークの流れのはずが、作られたお約束が続いていくのが関西の団体芸ゆえでおもしろかったです。
(4日夜)3日:西畑くん「好」、4日昼:琉巧くん「成」と来て、「績」を書いた佐野くんの思考が冴えていました。
本人もまさか続くと思わなかったであろう、ムチャブリから生まれたもちつきの人・スーポコ(末澤くん)とハマりすぎてる流星アナ&マイク担当の道枝くんによるトリオ芸ができたのは大きかった。最終回はスーポコの師匠・リチャポコの出現や、ライバル?アナウンサー佐野くん&たむけん風味の獅子舞・こじけんが現れるなど、3日間の集大成でした。Twitterのトレンドを荒らしまくったものです。

 

+++

まとめ

ニシタクくんと斗亜ちゃんがりとかんのクリエ公演について「東京のセトリは1曲ごとのアップダウンの差が激しくて飽きさせない印象で、関西はメドレーやコーナーでまとまっていて見やすいイメージ。」と話していたので*3、意識的に塊ごとの感想を書きました。全体曲は昔からおなじみの楽曲が多かったですね。


メモ的に「ドローンあり」と書いたのはドローンが好きだから…ということではなく、グルグル高低差激しいカメラワークが合わず、多用する割にあまり効果的でないのではと思うからです。グルグルしなくても臨場感は出せると思いますが、わかりやすいからでしょうか。
これまで見た中で好きなドローンの使い方は、「Endless SHOCK-eternal-」でのもので、客席視点では見えない方向にサラリと回り込むなど静かな使い方で、意図と意味があって好きでした。


京セラドーム3日間を埋めた人たちの翌年の公演が大阪城ホールというのは、運営側が描いていた本来の流れではなかったと思います。満員の観客数にしても当たる気のしない倍率だったので、今後平穏な世の中になったとしても、配信は続けてほしいです。「配信はお金がかかる!アーカイブありならもっとかかる!」とはよく聞きますが、行うかは運営の判断次第なので、希望はしていいと思います。現地に参加できず、配信もなく、「そのアイドルがいなくても生きていける状態」が長く続くと、環境に適応すべく今までみたいに追わなくなるだろうなと予想できるからでもあります。


私はなにわもAぇも担当がいますし、他のシーンでも楽しめる方(目に入れるのも嫌な人がいない)なので、逆に1ユニットだけ追っている人から見える景色が気になります。普段の活動あってこそグループ越境が楽しいので、今後も年に一回は関西Jr.全体でのコンサートが見たいです。

*1:4日の1部は恭平くん・流星くん・道枝 くんが担当。

*2:開業20周年に伴い、カンパニーメッセージが「NO LIMIT!」になった。

*3:産経新聞2021年6月12日夕刊。

ボチボチと文章投稿を始めて考えたこと

アイドル誌にイラストを投稿するようになって早●年。イコール「ゆずひ」というペンネームを使う年数が長くなっていますが、これまで苦手としていた文章投稿も最近は行うようになりました。何を始めても次第に「これはこうで、あれはああで」とぶつぶつ考えたくなる性質なので、現段階でのまとまった考えを残しておきます。

 

これまで

ラジオ等を視聴していましたので、文章投稿に苦手意識を持つものの、読まれるリスナーさんのお便りから文章のパターンは何となく掴んでおりました。


=基本的な文章パターン=
① 挨拶(例:○○さん、こんばんは。いつも楽しく拝聴しています。)
② パーソナリティーの仕事の感想や、自身にあった出来事。(先日、黒い犬を拾ったのですが、丁寧に洗ったところ真っ白な犬に変身してびっくりしました!)
③ ちなんだ質問(○○さんも最近びっくりしたことはありますか?)
④ 締め(寒暖差激しくなってまいりましたが、体調管理にはお気をつけください。これからも応援しています。)


パターンを掴んでいても、なかなか書けない理由。それは、「③ちなんだ質問」が全く思いつかないからです。特にやってほしいことがないからファンサウチワを作れない人に、質問(訊いてみたいこと)が思いつくでしょうか?しかも、プライベートに立ち入りすぎず、個人の解釈が入りすぎず、細かすぎない内容…ちょうどいいラインの質問って難しすぎませんか!?こちらとしては、推しが何でも好きなことを自由に話してくだされば、それで十分に嬉しいのに…!と考えていたため、文章投稿は今まで本当に時々(年に数回)しかできていませんでした。

 

ところが最近は、月に何回かメールを送れるようになりました。
きっかけは、苦手意識を押してでも「以前にこの番組で得た情報で楽しく過ごしましたよ」ということをお伝えしたくて送ったメールが、番組で読まれたことです。言ってしまえばただの感想文、採用されずとも番組のスタッフさんに番組を楽しんでいることが伝わればいいなと送りました。
そしてこの時、質問はなくてもええんやね!?と気づきました。質問を書いていなくても、パーソナリティーの方が話を広げてくださることもあるのか~!と気が楽になり、投稿へのハードルが下がりました。よっぽどダメな内容はアイドル誌同様スタッフさんサイドでボツにしてくださるはずですし、応募総数は大事という意識の元、


・読みやすい文章
・簡潔な文章
・ちょうどいいラインの質問


を心がけて、試行錯誤しています。イラスト同様、仕事が忙しい時期や疲れている時期は全く文章が思いつかなかったり、いつも以上におもしろくない文章になったりするので、余裕のある時にしかできませんが、トライ&エラーを行うのが好きなので楽しみながら考えています。


そして文章を考えるうちに、自分の中にある「人に話せるライン」が少し見えてきました。


自分以外の人のことを勝手に私が話すのはどうだろう…と思うので、自然と送る内容は自分の思考や嗜好についてになります。アイドル誌を持っている方は見返してみると気づくかもしれませんが、私の投稿物で恋愛ネタや甘い台詞系のネタはこれまでに一個もないはずです。夢女適性がなく、「言ってほしい」言葉*1が思いつかないので、どれだけ考えても出てこない話題です。世間的な需要が高いからかよくあるコーナーなのに、太刀打ちできずで投稿戦士としては歯がゆいですが、まぁいいかとも思っています。


写真やイラストが送付可な場では、添付ありの投稿も時々しています。私が「推しにイラストを見られても平気」*2だからですが、いろんなリスナーがいた方が良いと思うので。


アイドル誌の投稿と違う点は、投稿してからリターンまでのタイムラグです。毎月一回発売するアイドル雑誌へは、発売日二カ月前の末日が大体の締切となりますが、収録のラジオやネット番組だと放送1、2週間前、生放送の番組だと放送中に送ったメールが読まれることもあります。どちらもメリットデメリット*3がありますが、無理のない範囲で送りたいです。

 


これから

ドルオタの“応援”にSNSが含まれるようになり、すぐ動くことを求められる場面が増えたと感じています。私は即座に考えをまとめて言葉にすることが苦手なので、なかなかTwitterの実況等で力になれていないと思います。それを改善するためにも、締切が短いトークテーマの投稿を頑張れるようになりたいです。毎回のように登場する常連さんの話の引き出しってどうなってるんや…と尊敬しています。


私が「アイドル誌へのイラスト投稿ってどうすればいいですか?」と訊かれたら、「応募要項を読んだ上でハガキに絵を描いて、投函すればいいですよ。(デジタル可ならメール送付)」以上の答えが出てこないので、文章投稿に対してあまり構えずともいいような気はしますが。単純に、おもしろい話ができるようになりたい!です!


公の場に話題提供を設けるリスナーの投稿も、それに対して話を膨らませるパーソナリティーの返しも、実生活の会話に活かせる大事なことなので、良い練習とさせてもらっています。ほぼほぼ家族と職場以外で話す機会のないコロナ禍を過ごす中、友達と会えるような環境になったとしても話し方を忘れている状況なので、以前よりプラマイ0以上の話せる力がついたらばと思います。

 

ーーーーーーー
【おまけ】

いくら考えても、投稿できるようなネタが思いつかなかったトークテーマ案3選。パッと思いついた方は、トークの引き出しが十分あります!文章投稿でガツンと名を轟かせちゃってください!


パーリーピーポー…ジャニストのパリピポコンに行ったことしか思いつきませんでした。
「サンタが私にくれたもの」…サンタが来ない我が家に、サンタのエピソードはありませんでした。
「キュンです!なエピソード」…日向坂46が「キュン」を踊る脳内映像の向こうにキュンエピソードがありそうなのに、そこを越えられませんでした。(思い出したところで、相手がある話なので送れなかっただろうなと思います。)

*1:真剣に考えた結果、昔なら「第一希望での当選です」、最近なら「ナビダイアルでお繋ぎします」くらいしか思いつきませんでした。

*2:「推しにイラストを見てほしい!」とは少し違ったテンションの位置に近年はいます。

*3:雑誌…早めに投稿しないといけないが、結果待ちのワクワク期間が長くなる。ラジオ等…採用されるまでの返しが早いが、その分いろんな球を投げておかないと手持ち札が何もなくなる。

315プロとボスの2020年

3次元と2次元を行き来しているボス*1の、2020年Mマス事まとめです。

 

+++

2020年月次録

 

1月

ステ_硲さん上位イベント「大志を抱け!迎春ライブ」
推しが4分の3おるやんけ!?と回しがいのあるガシャ&イベントにニッコリ。特効の麗くんがいることもあって、前回の硲さん上位(メガネイベント)よりも走りやすかったです。
「目標を書いた絵札」と「読み札としての人名」のカルタは、ジャニーズでも使ってほしい素敵なアイディアだと思いました。ピエールくんのチェンジ後イラストはネズミさん(@硲さん)のポーズで可愛い。ネズミ年ですもんね🐀

 

CD_5th ANNIVERSARY DISC 02 DRAMATIC STARS & 神速一魂 & F-LAGS

「Waving FLAGS」は、どうしてもキャスト変更と重なってしまって、一フレーズ目から泣きそうに。旗は新しい道へ向かう人を応援するユニットなので。少し向こうに立つ三人が旗と手を振って応援してくれるような絵が見えました。
大吾くんのソロコレを聞いて、"はなむけ"の言葉が思い浮かびました。


ステ_「あせない永遠の煌めきをガシャ」
あれっ?私この前ガシャを回したところじゃない??麗くんを引いたところだよね???と首を傾げつつ、都築さんガシャに被弾。宝石モチーフイベントかつ、ガシャ名『永遠の煌めき』を確認したところで、なにわ男子の「ダイヤモンドスマイル」が脳内BGMになりました。どのフレーズを歌ってほしいか考えつつ走ったので楽しかったです。*2
謎多き過去の都築さんは山梨イベント(都築さん推しになるきっかけのイベントなので感慨深い)を度々振り返っていたので、これはステくん運営「都築・東雲」コンビ推し?FESで来る?とうがった見方に。ダイヤモンドになりきってであのライブ演出は罪深いでしょう!?

 

 

2月

モバ_バレンタインデーキャンペーン 愛情たっぷり!315カカオ育成大作戦!
「甘い言葉をカカオに囁くとよく育つ」と開始時の説明で聞いておりましたが…そんなシーンありましたっけ?カカオは盆栽じゃないんだよ大吾くん!?と思いつつ、責任感の強い姿を見ました。貯めに貯めたチケットを特効のある14日にガーッと回しましたが、1人目完走+2人目STEP2が私の限界値でした。それでも去年よりは頑張りました。
ステの方は後から話が読めるようになるようなので、いつも通りにバースデーすごろくを回り、推しに渡したい方のプレゼントを渡していきました。

 

3月

モバ__事務所での1コマ「せいじんせいじん」「カッコイイ星人」
もふ+冬美くんの可能性について考えてしまった、可愛いやり取り。微笑ましい。

 

配信_「THE IDOLM@STER SideM PRODUCER MEETING PRESENT FOR 315@MBITIOUS!!!!!」 
無事に開催された世界線の私は、とても元気なことでしょう。一番の気持ちは、新生F-LAGSに拍手を送りたかったです。
二日とも出演する大吾くんと悠介くんのアシスタントは可愛いがすぎる。二人の「チャオ☆」見たかった~!「お客さんが入っていたらこうなったのかな…」という箇所がいくつもあり、切なくなりながらも配信は楽しかったです。シャッフル楽曲が何をする予定だったのか、知ると悔し泣きしそうなので知らないままでいいです。

 

モバ_ホワイトデー特別企画 ときめき恋愛ドラマオーディション
VDと同じ形式のイベントにてポイントがより必要だということで…まぁ無理だろうなと初めから諦めの境地。課金勢が無課金勢より得やすいのは世の道理(お金を払っているのだから)ですが、得られるものと課金額を天秤にかけた際に納得しなければ手を出さないため、特にモバに対しては財布の紐が固いです。端的に言って、ステくんの10倍以上は推しが出ない…。

 

ステ_ピエールくん上位イベント「花咲くSchool White Day」
ピエールくん上位のリベンジ戦。前回はゲームを始めたばかりで5000位に乗れなかったので。
先生・先輩・同級生・後輩役のお仕事を持ってくるPさん優秀。仕事で悩む姿よりも、"学校"に対する情緒的なお話でした。フィンランドで共演済みのピエールくんと夏来くんの絆が深まっていく、ステの世界線

 

4月

CD_5th ANNIVERSARY DISC 05 Altessimo&彩 &High×Joker

ハイジョの「SEASON IN THE FIVE」は、飛び跳ねて歌う姿が思い浮かびました。
アルテの「mermaid fermata」は、深い海中からまばゆい月光を仰ぐ絵が見えました。ソロコレを聞いた時に、麗くんは隣に寄り添ってくれていて、都築さんは明るい…まばゆい…!と、同じ曲なのに印象が違って驚きました。

 

5月

ステ_麗くんソロSSRガシャ
椅子がステージ上にあって嬉しい。かわいくて尊い…。

 

ステ_大吾くん誕生日復刻ガシャ
前から立てていた「誕生日ガシャを50連回して迷宮大吾くんSRを手に入れ、コイン交換で青嵐ポイボRを手に入れる」という完璧な計画が、実現いたしました!ファンの描くハピバイラストは、ひまわり大吾くんが多くてにこにこ。

   

6月

モバ_UPC実装
上位10名への特別ボイスは、少し頑張れば行けそうな位置にいたら頑張ったのかもしれませんが、雲の上の話だな~という感じです。
やや頑張って100万ポイント、もう少し頑張って125万ポイント稼げるぐらいのよわよわ戦力です。頑張りすぎると反動でしばらく触らなくなるので、自分の一ヵ月の上限を上げていきたいが。難しい。

 

ステ_都築さん上位イベント「雨と奏でる四重奏」
待ちに待った都築さん上位リベンジ戦*3+大好きな紫陽花モチーフに、私がプロデュースしたんだっけ!?状態。
上位キャラが迷い、周りの励ましにより乗り越える…というのがステストーリーの基本だと思うのですが、今回の都築さんは自分の中に既に答えを持っていました。自然体の都築さんに周りが感化され、それぞれの向き合い方で仕事に挑む様が良かったです。私自身も雨への向き合い方が変わりそうですし、カードの背景にもなっている紫陽花を、都築さん自身が選択してくれたことが嬉しかったです(私が紫陽花好きなので)。

 

315プロNight! #263
浦尾さんの挨拶コーナーに採用していただきました!やったー!
大吾くんに必殺技風に叫んでほしい(私の元気が出るから)+中二ってやたらと英語を使いたがるよね?という着想から、『ダ・イ・ゴで始まる、強そうな英語を並べた必殺技風味の挨拶』を考えました。仕事が忙しい時期だったので、めちゃめちゃ元気をもらいました。*4
長いから一節目で「私の投稿だ!」と気づいたことと、コメント欄が「???」でいっぱいになったことがおもしろかったです。浦尾さんによって、私の簡素な文が生き生きとしたことに感動しました。
ちなみにジョジョは未履修です。

 

モバ_Wedding Chapel Promotion
咲ちゃん綺麗だよおめでとウッ…と被弾した旗Pです。
大吾くんのチェンジ前はアイドル雑誌のフレッシュJr.で見た気がする可愛いショットですし、九十九先生カードへの映り込みもカッコ良い…。年齢的にウェディングイベントはフラワーボーイだと思っていたので、王子様ショットにうろたえました。
三次元のアイドルが「結婚は考えていません」と言うのは、疑似恋愛的な好意を寄せるファンが少なくないことへの配慮だと思っています。しかし、大吾くんが「一生独身のままかもしれん」と言うのは、『アイドルだから』ではなく自身の来歴によるもので、これは315プロ世界線のファンは知りえないことです。二次元ゆえに知れるのだと思いました。
幸せの必須条件に結婚があるわけではないけれども、結婚するかどうかは未来の大吾くんが決めたらええんやでとおばあちゃん(私)は思いました。
王子様衣装のメンバーには、Lilかんさいの「Lil miracle」を歌ってほしい。*5

 

モバ_Twinkle☆Sea-firefly LIVE!
つい先日働いたところな気がするけど!?大吾くんから都築さんへのソロ曲&ランタンバトンタッチは、現地で見られなかったら地団駄を踏んでいたでしょう。お揃いの髪型(編み込み)も良いですね。

 

7月

ステ_華やかな夏の風物詩ガシャ
昨夏のひまわり以降イベントに出演していなかった久々の大吾くんはガシャ!FES(次はアルテ確定)とソロ(未実装残り2ユニの中に旗がいる)の状況が恐ろしいです。
「伝統を繋いでいきたい」という主催神社の思いに強く共感する九郎くんに、線香花火勝負を持ち掛ける大吾くんは可愛い14歳。東雲さんと輝さんのお笑い談義も良き。

 

ステ_315FES(都築さん・九十九先生)
そんな気はしていたけど、ガシャがかぶったーーー!二人とも麗しすぎて…。都築さんとペアになる人は連弾してほしいと思っていたので、九十九先生がうらやましい…。そうか、ピアノが弾けなくても連弾はできる…。

 

Glatteカフェ
コロナの影響で、テイクアウトのみの販売でした。
配布のコースターは昨夏のアニカフェと同じ物なので、推しは全て入手済み。焦らずに済んで良かったです。

f:id:yuzuhi:20210124153528j:plain

 

「理由あって特別生配信!」
一日目は、三瓶さん「浦尾ギャグやってもいいよ」浦尾さん「三瓶さんにあげますよギャグ」の流れの伏線に笑わせてもらいました。二日目のアルテレコーディング時エピソードは、何かこれアルテが出会った時のエピソードに似てる…?と思いつつ、そっとしておきたい空間でした。変に意識させてはいけない…。

 

モバ_「6周年記念!M@KE YOU PROUDガシャ」
決して低くない確率だったとは思うのですが、一日一回10連×3回が全てRでした。全て金色の健康に良いステガシャでなくても、SR1枚確定だと嬉しかったな…。

 

ステ_遊んで!弾けて!サマーサイダーガシャ
推しと推しのガシャ。冬美くんも硲さんも信玄さんも真面目なので、志狼くんの元気さによって悩みを突破する展開。これに限らずですが、実際のアイドル以上にセルフプロデュースを求められる外部仕事が多いですね、315プロダクション。
後に発表された、なにわ男子の「Soda Pop Love」がテーマソングに合いそう。

 

8月

ステ_大吾くんソロSSR実装
旗のソロ実装順が涼くん→大吾くん→九十九先生だと予想していたので、寝耳に水でした。しかもタオル実装!!!嬉しいかわいいカッコイイ!大吾くんに「はなまる書いて!」ファンサうちわを作りたくなりました。

 

ステ_3rd Aniversary 特別メッセージ「漫才で万々歳!ルーム」
今夏の特別メッセージ企画の中でも特に話題をかっさらった、漫才ルーム。サンサンレイニーズ(輝さん・雨彦さん)とそうちゃんみっちゃん(東雲さん・硲さん)の4分の3が関西出身なのが笑いに頼もしい。

 

ステ_315Passion Live
チェンジ前もチェンジ後も麗くんは可愛いんですけども、ガシャガシャ言いまくってる今夏。
「努力すればなりたい自分になれる!」と強くなった直央くんが眩しすぎる。漣くんの居場所を知る志狼くんや、宇宙人メガネの教えを覚えている漣くんとか、FESやWTスペイン後の世界が嬉しい。

 

9月

モバ_都築さんリメンバーショット
ついに被弾!美しすぎて感極まる。同時に新装された恒常SRがハイジョ(冬美くん・夏来くん・四季くん)でラッキー。都築さんは引けませんでしたが、トレードで何とか。

 

ステ_香りのwonder land~秘密のお誘い~
またガシャだな…!すっかり仲良しなピエールくんと夏来くんの10代コンビがかわいい。冬美くんだけでなくハイジョ、事務所の仲間みんなに憧れをもつようになった夏来くんの成長にも若さを感じました。香水に関して、頼りになりまくる翔真アネさんも良き。

 

アニONカフェ
コロナの影響で、座席利用が半分になっていました。*6私の推しは前半に偏っていましたが、胃がはちきれない程度の食事量でコースターをゲットしました。

f:id:yuzuhi:20210124155534j:plain

 

10月

ステ_千夜一夜の世界へようこそ
またガシャ…都築さんのガシャ…!千夜一夜物語さながら、言語能力の高い九十九先生が、聴覚の鋭い都築さんと四季くんに語り聞かせる展開が良かった。ステの世界線の九十九先生も「全部買おう」のお人であった。

 

ステ_ダークネスインハロウィン!
『ハロウィンキャンペーンのバナーに表示されているminiがイベントでは?』説に、「麗くんがいるやん。待ってくれや」となりました。ランボで良かった。
お化け屋敷でおどろかせ東雲さんがステにも実装。紫陽花都築さんに続き、上位のキャラクターが他メンバーに気づきを与えるストーリー。

 

モバ・CD_ビーストクロニクル ~Risin' Soul~
小学生の頃に見てました!と言いたくなる程のホビアニ感満載な楽曲とストーリー。ゲーム部のメンバーが多く、前作から引き続き出演となる志狼くんという、パ大投票の勝ち抜きに頷ける内容でした。恩恵に与かれて感謝。

 

「SONGS OF TOKYO Festival 2020」
出演が嬉しくて、8時も14時も19時も見ました。女子曲の振り付けってやはり男性曲と違う可愛がありますね。FRAMEが同じ振り付けで踊ることで、その違いが明確になっていました。村上さんが「英雄」と呼ぶ世界線が来るなんて!嬉しい!

 

11月

ステ_Noble Gothic Fasion
冬美くんと硲さんのガシャ!?この前やらなかったっけ!?とデジャビュ。でもゴシック衣装は欲しい。
昨年の黒ゴシックとは対照的な白ゴシック仕事。全員がインテリ属性なため、「永遠とは」という難しいテーマにも論理的に進めていく。玄武くん「絆」冬美くん「永遠はないからこその憧れ」硲さん「真実」北斗くん「愛」。そこから「アイドルとしての永遠」にもっていった流れで、考えることの好きな人が作ったシナリオだなと思いました。
冬美くんと硲さんは共演経験が3回もあるのに、そこまで仲良しこよしにならないのが不思議です。

 

ポプマス_初期実装
今までこういう越境仕事に推しがあまり出なかったので、旗もアルテも初期実装されてびっくりしました。衣装が可愛い。パズルゲーもあまりやったことがないので、ついていけるかは謎。

 

アイマス47都道府県横断_中国・四国地方
47企画発表→私の推しで就任しそうなのは、冬美くん(山梨)か大吾くん(広島)?でも広島は新田さんな気がする…。
中部発表後→九十九先生が岐阜で就任したから、同ユニの就任は難しいかな。
近畿発表後→中国・四国のM勢(大吾くん・道流さん・巻緒くん)は、三人とも既に同ユニメンバーが就任で条件は同じ。ワクワクする!
中国・四国シルエット発表後→えっ、これまでよりも発表が一週間早い!これはまごうことなき大吾くんのシルエット!はなまる笑顔かな?ウインクかな?動きがある立ち絵!広島県を背負う推しカッコイイ!!!
絵柄発表後→ひとみは三日月のはなまる笑顔で可愛すぎか。広島walkerの表紙間違いなし!
年始に広島へ向かう計画を立てたものの、ご時世的に断念したので何度目のおのコロか。状況が落ち着いたら絶対に行きます。

 

アイマス47都道府県横断_近畿地方開催
アニメイト奈良店を知るものは皆「あの小さな店舗のどこに置く?」と首を傾げた雨彦さんのパネル展示。雨彦さんがどでかすぎて天を仰ぎました。

f:id:yuzuhi:20210124162253j:plain

 

12月

ステ_サ終のお知らせ
Jr.担の私が「お別れの日がわかるだけでも恵まれてるよ」と呟くものの、寂しさは変わりなく。女子ドルの卒業と同じように、気分が浮き沈みする中で最終日を迎えるんだろうな~と思っています。少しずつ、ストーリーやシステム面も改修されていったのにな…。
モバエムに向いていないからこそステに居ついた*7だけに、今後はステへの課金がそのままモバに流れる訳ではないんですよね。
ステをしていなければ都築Pになるのがもっと遅かったと思うので、私にとって大事なアプリです。WTドイツ戦、楽しかった~。

 

 

ステ_「絆マスター」称号取得
2020年の終わりの日に取得しました。毎イベントの序盤は、絆形成を優先してユニットを組んでコツコツと走っていました。約3年で達成!弊社のアイドルはみんな仲良し~!

f:id:yuzuhi:20210124162452j:plain

 

+++

Mマスに触れて考えたこと

エムステ ソロ&FES感想
2020年12月時点の推し被弾率
 ◆ソロ…ピエールくん、麗くん、硲さん、大吾くん。
 ◆FES…都築さん。
15ユニット1周の段階で4人も被弾したのは嬉しいけど、どんな確率!?これから続きが更新されないだろうからこそ、FESは私の望む組み合わせ(ピエールくん&大吾くん、冬美くん&麗くん)だったかもしれないな~と期待したままでいようと思います。

ーーーーー

コロナのせいでなくなったことや、予定はあったのに外に知らされないままになったことがたくさんあるでしょうから、本来の2020年に行きたかった気持ちがとても強いです。

そして私はモバエムよりエムステ派なので、サ終が本当につらいです。サ終したからといってsideMから離れるつもりはありませんが、自然と関わり方が変わってしまうのでしょうか。うーん…。今確実に言えることは、早くsideMの楽しい新作アプリをプレイしたいなぁ!ということだけです。*8

 

+++

その他関連記事

315プロとボスの2019年 - 柑橘類の陽
315プロとボスの9ヵ月 - 柑橘類の陽

*1:兜大吾P、都築さんびいきのアルテ、冬美くん、ピエールくん、硲さん推し。

*2:「気まぐれな奇跡に酔って」は"気まぐれ"部分で都築さんに歌ってほしいけど、"酔って"は北斗さんに合う…。公式動画を貼れる世の中になって嬉しい。https://youtu.be/KcDQyVts99A?t=71

*3:前回の都築さん上位は推す前の紅茶イベント。

*4:「ダ…ダンシング…ダイナマイト…それはSnow man!」や、ゴの候補が「ゴールドラッシュ or ゴールデンアワー or ゴールデンレトリーバー」の三種しか出てこないくらいの頭の回らなさでした。「ダンデライオン(濁点は強い。ライオンも強い!と決め、後で意味を調べてたんぽぽだとわかったら可愛いなと思った)・イニシアチブ(言いやすさ重視のつなぎ)・ゴールデンアワー!(最後が長音だと叫びやすそう)」という理由で決定しました。もっと大吾くんに寄り添った言葉を考えられたら良かったのですが、投稿することがまず大事ですので…!

*5:こちらも公式つべを貼れる世界に!https://youtu.be/57T5hSnjXpo?t=72

*6:なんば店が閉店するとのことで、意識せずラストフードでした。

*7:所持カードの上限を考えなくて良いのが一番の利点。そしてモバのガシャで推しを引けないのがつらい。かろうじて、恒常冬美くんしか推しの称号がない…。

*8:ゆくM@Sの三瓶さんと伊東さんを見て、強く言っていきたいなと思いました。