柑橘類の陽

イラストだけでなく、言葉でも伝えられるようになりたいです。

声優さんを追ってみて、自分のスタンスを確認した話

2018年初めにMマスこと「THE IDOLM@STER SideM」にハマり、いい機会だからいつもとは違う世界に触れてみようと、いわゆる「中の人」である声優さんについても追ってみることにしました。その中で気づいたことを、記します。

【私がアニメを観る時の前提条件】
●新アニメの一覧表でタイトル・あらすじ・イラストを確認して、観るアニメを決める。
●推しになるキャラは見た目でわかる。*1

+++

気付いたこと

「養成所」と「所属事務所」がある

ジャニーズは事務所が一つなので、入所順さえ覚えていれば先輩後輩の関係が掴めます。声優さんは養成所と所属事務所(移籍する場合もある)によって、関係が複雑になります。日本史と世界史の違いみたいだなと思いつつ、別軸を繋げるのが苦手なので*2、詳しくならないままです。

 

使用アプリが異なる

やっとデジタルに放ちだしたジャニーズや、女子ドル関係でスマホに入れていたアプリとは別のアプリを使うことが多々あり、生息地の多様化と棲み分けを感じます。これまで触ったことのなかったニコ生の仕組みも、ちゃんと理解できました。目的がないとなかなか身につかないですね。

 

ソシャゲがめっちゃ多い

元々ゲームはあまりやらなくて、やったとしても育成ゲームくらいだったのもあると思うのですが、次々に登場する新ゲームの多さに、中の人を追っかけている(「○○さんの声が付いたキャラを応援する!」)方は、どうやって折り合いをつけているのか不思議になりました。課金がなければすぐ店じまいになる世界なので、「どうしたらゲームの人気が出るか?」を度々考えます。キャラクター、声、ストーリー、ゲーム性、ガシャの排出量、何を重視する人が多いんでしょうね。

 

課金先が複雑

ジャニーズはFCとWEBに加入すれば、そのグループのチケットを取れたり(FC)他グループの連載も読めます(WEB)。*3声優さんの場合は、配信チャンネルごとに会員限定動画があったり、イベント申し込みは主催者によって様々なサイトを用いたりで、「○○さんセットはないんかいな…」と時々思います。番組の取捨選択ができて良いとはいえ、足していくと月当たりの金額がえらいことになりますし、課金した先のコンテンツを見る時間がなくて、全てを追うのは躊躇しています。
番組①(AさんBさん)、番組②(AさんCさん)、番組③(AさんBさんDさん)みたいに番組と出演者の組み合わせがややこしくて、果たして私は全てを把握しているのか?と不安になります。全部は無理でもしんどくならない程度に追っています。

 

レポが少ない

人数の差なのか性質の差なのか、何かイベントがあった際のレポツイが数個見かけて良いところです。複数人のツイートを突き合わせた方がレポの正確性が上がるので(悪気のない記憶違いを人はよくする)、一人にかかる責任が半端ない世界だな…と思っています。

 

無断転載が少ない

雑誌やブログやチョクメやら、無断転載禁止のお達しが出ているというだけできちんとルールを守れているのが、平和で良いなと思います。

 

声オタとのスタンスの違い

 私「『□□□(作品名)』では○○(キャラクター)が好き。」
 友達「○○役は▲▲さん(声優)だね。▲▲さんは『☆☆☆(作品名)』の@@役もやってるよね!」
 私「そうなんや~(秒で別の話になってしまった…!)」
という流れがこれまでよくあり不思議だったのですが、答えが出ました。私は作品『□□□』もしくはキャラクター○○を主体に考えているので「別(作品)の話になった」と感じますが、声優さんを主体に考える友達は「同じ(声優▲▲さんの)話」をしており、別の話に変えたつもりではないと気づき、スッキリしました。
新キャストが決定した際に「この役を演じる▲▲さんはこんな役もしてるよ!」とダイマをする声オタさんがよくいますが、決定後すぐではなく、その沼で過ごすのに落ち着き、もっと情報が欲しくなった頃に別の沼を紹介した方が、効率よく落とせるのではと思います。(確実に沼へ突き落としたいタイプ)

 

+++

苦手なこと

二次元のイラストと声を紐づけて覚えること

声オタに一番重要なことが、どうも苦手なようです。どうして今まで気づかなかったのかというと、「人の顔(三次元)と声を紐づけて覚える」作業はできる、もしくは得意な方なので、ドルオタや仕事をやる中でこれまで困らなかったからです。
アニメ「学園ベビーシッターズ」で狼谷隼役を演じているのがMマスの鷹城恭二役・梅原裕一郎さんだと気づいたのが、長い思考*4を経た3月末日だったので、相当に感覚が鈍いのだと思います。
「EDのクレジットを見れば?」という疑問には、OPやEDはあくまで映像部分を見てしまい、止めないと文字情報が頭に入らないから、という回答になります。それにクレジットで「○○さんも出てたのか~」と思っても、名前からどのキャラなのか思い出せなくて、翌週には忘れています。最近は「この見た目の子はこんなキャラ&エピソード」という記憶しかできなくて、めちゃめちゃ老いを感じています。
しかも、中の人の演技に注目しようとすると、話の内容がわからなくなって楽しくないとわかったので、ますます声オタは名乗れなさそうです。

 

低い声の聞き分け

「見た目は黒髪金髪ピンク髪の小柄な人が好き」ということで、声が高めの男性が好きなのですが、むしろ「普通~低い声の男性」の聞き分けをあまりできていないのでは…?と気づきました。
ゲームのタイトルコールは3ヶ月経っても46人中15人くらいしか自信を持って判別できませんでしたし、自信がある15人というのが声の高いキャラばかりでした。今でも疲れている時に聞くと、半分以上がわからなくなってしまいます。
声質がとてもよく似ている双子アイドルWの聞き分けについては、声から菊池さんの顔が思い浮かんだら悠介、山谷さんの顔が思い浮かんだら享介、という判断をしています。

 

朗読劇

「台本を読む」という視覚情報と「発する言葉の内容」に差があるので、脳みそが混乱して話にあまり入り込めない。会場が平地orなだらかな斜面、演者の服装は登場人物に準じるor関係ない、演者の動きはあるorない等、「見る」ことに対してどれくらい重きを置いているのか?…と色々考えてしまいます。声オタさんはこんな風にゴチャゴチャ考えず、お話の世界に入って楽しまれると思うので、残念ながら私には向いていない作業なのでしょうね…。ボイスドラマ状態な死角の多い席で舞台を観て、「まだこっちの方が話が頭の中に入ってくるな」と思ったので、視覚情報と聴覚情報のズレがすごく苦手みたいです。
慣れによって改善されそうなのですが、いかんせんほぼほぼ都内開催なため、朗読劇観賞の機会を増やすことが難しいです。


苦手なことは多いですが、三次元の見分けや動きによる推しの判別は得意なので、これからも私が楽しく過ごせるように動きます。

 

+++

まとめ

以上のことから、自ら「声オタ」を名乗ることはまだないと思っています。*5今のところ、好きなキャラクターと好きな中の人が一致しており、そこから横移動はしておりません。
新しい世界に身を置こうとする時は、自分が何に価値を置いているのかの確認ができて楽しいです。

イベントがほぼほぼ都内開催で、大阪も地方都市の1つにすぎないことをひしひしと感じます。なので、年に一回か二回は推しのイベントに参加できたら良いなというところです。他ジャンルの予定と上手く合えば、もう少し増えるかもしれませんね。

最近は、鮎川太陽さんが舞台だけでなく声優方面にも挑戦されているので、声優さんを追うここ数年の行動は、まるでこのために予習をしていたかのようです。数年前よりは色々な理解(イベントは大体90分開催とか、写真集やお渡し会の値段の相場とか。)があるので、動きやすいです。2018年に「今までのジャニオタ人生は、兜大吾くんにたどり着くショートカットの方法だったのでは!?」と思いましたが、Mマス→声優さん→鮎川太陽さん…という風に流れるオタク人生の輪廻と業の深さを感じています。

*1:黒髪金髪ピンク髪の小柄な人が大体好きです。都築さんや硲さんといった長身のキャラクターは、一目惚れはせずともキャラクターを知ってからハマります。これはこれで見た目でわかるかも。

*2:ジャニと女子ドルと二次元それぞれの年齢は覚えていても、同じ年齢を結び付けることができない。

*3:WEB連載に付く写真は、該当グループFC加入が必要となります。

*4:①2/3にMマス3rdライブ幕張公演のライビュを見て、恭二=梅原さんのお顔を覚える。
②「学園ベビーシッターズ」番組内CMで梅原さんのお顔を発見し、ED曲を歌っているとわかる。
③3/25に「学園ベビーシッターズ」イベント開催報告のツイートが回ってくる。
④梅原さんと西山さんが写っている…この位置は主要キャラの声?…梅原さんは鷹くんのお兄ちゃんか!?
⑤だから同日開催のMマス福岡公演にはご出演されなかったんですね!?とようやく思い至る。
・アニメに出演していないユニットがED曲を担当することがあると知っていたので、②の時点で気づけなかったです…。声オタさんは多分「お兄ちゃんは恭二くんだな」と瞬時に気付くんでしょうね。

*5:言えるとしたら「最近は男性声優さんも追ってます」くらいです。

315プロとボスの2019年

3次元と2次元を行き来しているボス*1の、2019年Mマス事まとめです。倍率の関係でジャニ事でのお出かけが控え目になった分、娯楽資金は確実にこちらに流れていました。2019年の目標にしていた「大吾くんに会いに行く!」を達成できたので満足です。 

 

+++

2019年月次録

 

1月

ステ_復刻ガシャ
地獄のあけおめグッズ列*2に並んだので、「グッズ列で心が折れそうになったら回していいガシャ(7時開催)」「無事に購入できたら回していいガシャ」「無事に帰宅できたら回していいガシャ」を実施。上限に決めていた50連で315cookingイベントの大吾くんが引けて!私はこの大吾くんを引きたくてステを始めたんですよ!!グッズ列から無事に生き延びられて本当に良かったです。


ステ_麗くん上位
アルテPになってからの初上位で、壮麗なお衣装はドイツ都築さんと親和性も高く、確実に完凸をしたかったです。すぐにガシャ特効の北村~最近よく来る~想楽くんが引けて良かったです。完凸走はWTドイツ以来の二度目でしたが、「2日目までは1000位以内、3日目で500位圏内に入り、最終日朝は500位ボーダー+100万ポイントでいる」走り方が私には合っており、飽きずに走れて気持ちとしても楽みたいです。(完凸圏内目標時)


ステ_かのん先輩上位
昨春はかのん先輩のありがたい教え(「かわいさの三カ条」)により生き延び、かのん先輩がポイボの紅茶イベントでは初めて上位報酬をゲットできる程頑張れたのと、しかもそれが未来の推し・都築さんだったことから多大なる恩義を感じていましたので、走らせていただきました!弊社の走り、見ていただけましたか!?かのん先輩!(舎弟モード)
しゃがみ座りのチェンジ前イラストが好きです。二連勤の完凸走に、「大吾くん初上位は次でなくても許すよ…」とさすがに思ってしまいました。

 

ステ_旗SSR実装
待ちに待った恒常SSR!WTフィンランドと時期が被ったため、徳を積みきった上でガシャ。許容範囲内で大吾くんと九十九先生を引けたので勝ちです。涼くんも弊社に来てね!3人ともジャケ写に繋がるパフォーマンスなのが良い💮
実装が後ろの方=その分長い間待ち遠しくいられます。*3

 

2月

ステ_WT08フィンランド
待ちに待った旗SSR実装と被りましたが!何とかピエールくんを引けました。KinKiさんの「真冬のパンセ」みたいだな~という楽曲の第一印象でした。

 

3月

ステ_White Day 2019
今年になってからステくんは1イベントにつき1枚の座りショットを心掛けるようになったのでしょうか?座りショット大好き芸人の心を揺さぶるショットがいっぱいで嬉しいです!バッジ2つを使って衣装チェンジができるから、都築さんを1枚引けば終了☆のはずが、都築さん1人が来る前に硲さんが3凸していました。何でや。硲さんでなかったらスマホを一度投げていたかもしれません。描いたら出る教徒なのに描いていなかったことを反省。描こう。
ガシャ特効3凸と2凸がいるとこんなにポイントを稼ぎやすいんだな~と、笑けてくるレベルで強かったです。*4

 

4th LIVE申し込み
普通に購入予定だったWTドイツと3rd福岡円盤による先行抽選に外れ、後は一般枠でがんばろ~と最初は思っていました。しかし嵐さんの活動休止発表が頭を過ぎり、「次」とか生温いことを言っていると後悔するからと、アソビストア枠とゲーム先行枠でも申し込み。無事に当選し、ビギナーズラックに感謝。 

 

315プロミ

年度末進行の仕事にソウルジェムが濁っていく中、3日間のライビュでだいぶ浄化されました。ありがとうございます。シャッフルが楽しめる体質なので、普段のユニットとはまた違う魅せ方を楽しみました。

(15日)私の推しサイ…インテリ
・同じインテリチームの永野くんと永塚さんが隣に座った段階で、にっこり1000円分の疲れが取れました…。
・6人=3人×2組の「スマイル・エンゲージ」でも、お二人が同じ組になっていたので大勝訴でした…!いや~もう本当にキラキラしていて最高で、誰か語りましょう!?となったのに、周囲に該当Pがいないんですよね…口惜しや!

(16日)インテリ
・系統が似ている子が同じ「属性」とはいえ、その中でも若さや可愛さといった違いがあることを、属性ごとの二曲披露を見て思いました。
・もし私が315プロに入社したら、シャッフルで「Fun! Fun! Festa!」と「夏時間グラフィティ」を任される人材でありたいと考えていたので、とても参考になりました(?)

(17日)フィジカルインテリメンタル
・旗の問題が出題され、浦尾さんを中心とした(囲まれて姿は見えづらいけどw)回答の段階で、にっこり1000円払えました。
・サイバネが来るかも?と聞いていたので、CDと雑誌で予習はバッチリでした。
・「インテリのムンナイ説があるから、じゃあフィジカルはせむのFTTFかな~」と思っていました。なので、インテリがせむのサマホリ確定した瞬間から緊張で胃が痛んでいきました…。
・そして伝説の浦尾一分割。瞳の中のセンター制度が強すぎて見えた幻覚かと思いましたが、全国的な上映だった模様。ライビュを見にきて良かったーーーー!全国のボス(大吾P)、息してます!?別会場でライビュを見ていた友人各位に生死を心配されていましたが、私も「サムズアップした自分の顔が空に浮かぶ様子」が思い浮かんでいたので、一度死んで生き返る魔法にかかっていたのではないでしょうか。いやもう大吾くん(浦尾さん)超カッコ良かった…ボスはボスで良かった…。

 

4月

ステ_WT09カナダ
「推しのWTがほぼほぼ終わってるんで~後は麗くんの時にちょちょいとやるだけです!」*5と友達に言った数日後のWT発表で「麗くんおるやん…!」とたまげました。
曲がめちゃ可愛い。麗くんは都築さんの食について度々心配し、流暢な英語について隼人くんと直央くんに素直に褒められて慌てる姿も可愛かったです。この4人だと、巻緒くんはしっかりした最年長(メープルに対する熱い思いがあるとも言えますが)になるというのも面白い発見。

 

ステ_大吾くん初上位

やっと来た!新規とはいえステくんを始めて15ヵ月経ちました!満を持しての初上位!
今までの自己評価は「インテリからのフィジカル(毎日の目標値を決めて、上位が狙えそうだったら速度を上げる)」だったのですが、今回はイnフィジカアアアル!という感じの走りでした。毎日の目標値を計算したのに、全く意味をなしませんでした。無茶はしていませんが、毎日走ってすっかりゴリラなのでポポポポンと。柏木~この時期よく来た~翼さんの特効のお陰です。ありがとうございます!最終日は4分の1のはずな大吾くんのアピタイ「覚悟なら、とうにできとる!」が4分の3くらいも来て、煽られてるな!?と思いつつ、力の限り走りました。二回目の上位(来年かな?)では、今回の自分との戦いをしようと思います。
チェンジ後が八重歯ありで好きしかない。*6

 

5月

モバ_大吾くんオフショ
平成最後の瞬間はモバエムを立ち上げ、令和最初の瞬間は大吾くんのオフショにガッツポーズをしながらガシャを回しました。居合!!かっこよ!!!チェンジ後のゲーム部!!これまでに貯めた各種プラチケでは、大吾くんは来てくれなかったんや…。あの頃ガシャでは500枚くらい貯めて挑みたいです…!弊社のモバくんはそういうところがあるぞ。ステくんは平成最後の無料ガシャで大吾くんRを、令和最初の無料ガシャで都築さんRをくれたというのに…!

 

4th LIVE
両日現地参戦。そもそも、3rd仙台のソロで「会いたかったで、ボスー!」と言ってくれる大吾くんに対し、「せっかく3次元に来てくれているのに、映画館のスクリーンかテレビ越しでしか会った事がないな?会いに行かないと…!」と思ったのが発端でした。
f:id:yuzuhi:20191231000108p:plain

(一日目)
・大吾くんは全体曲+属性曲に出るだろう、3rd未披露勢のソロ曲があればワンチャンでバックもあり?と出番を予想していました。
・推しカメラすぎて、MCでヨシキさんが言うまでメンタル&インテリ曲でメインステにも人がいることに気付きませんでした…。(都築さん、ピエールくん、硲さん、麗くんはサブステ)
・アルテで一番大好きな「Tone's Destiny」を聴けて幸せ。幻想的な絵画でした。
フィンランドが雪の妖精さんで可愛い…!
・サブステのせむを注視していたら、次のメインステ・カナダ曲に気付くのが遅れ、コンサート慣れしていてもまだこんな事が起きるのだな~とニコニコ。*7

(二日目)
・トップバッターが旗の「夢色VOYAGER」で!推しユニがカッコ良すぎて号泣。昨日は大吾くん一人だけの出演だったから、一人じゃないことだけでもすごく嬉しかったのに。Aメロの涼くんパートは大吾くんが担う。
・「今日は船の模型か」「全員イラストに涼くんもいる!」「旗が中央に移動したからコングリかな?あれ、もふは移動しない…?」と、後から思えばヒントだらけで…!?察しが悪くてサプライズが特大になります。
・中国大吾くんが可愛くて、ずっとニコニコして見てました。
・ハワイ咲ちゃんが3人の中で一番ボールをぶん投げる事実にときめく。
・コングリで一番好きな大サビ前の涼くんパートを九十九先生が担う。
・ドイツは都築さんと冬美くんがずっと隣で、「双眼鏡に収めやすい!」とありがたかったです。上空400レベルから見ていると、くるくる回る姿がオルゴールの人形みたいで可愛かったです。

 

アニonカフェ
ありがとうゲーム部くくり!しかし、3次元のガシャでは恭二と志狼が来るPには予想のつく缶バッジのガシャ結果でした。
一時間半で、フード1つ+バースデープラン(ケーキ&ジンジャーエール)+ドリンク1杯が私の胃の限界値です。甘味好きなのに、ドリンクの追加注文は甘すぎて断念しました。まだ薄味すぎる方がドリンクファイトができる…。(ドリンクファイト前提)
5月の大吾くんと6月の麗くんバースデープランを注文しました。大阪も4月に開催されていれば、紅茶都築さんのバースデープランを頼んでいた事でしょう。惜しい。

f:id:yuzuhi:20191231000148p:plain

 

ステ_スチパンイベント
またもや冬美くんと都築さんの同イベント!やったね!!
冬馬くんが先に来てくれた時はホワイトデーの悲劇(もう一人ばかり来る)が過ったのですが、無償☆の範囲で来てくれたのでセーフでした。
"都築さんは冬美くんの憧れの人"設定がドイツ時より増していて、ひぇ~っとなりました。デスクの台詞もどれもこれも良くてありがとう…!でした。
初日と最終日の漣Pは、駆けあがりすぎて担タレみたいなところがあって、おもしろかったです。*8

 

6月

ステ_旗中の人衣装実装
薄々は気づいていた、中の人衣装のゲームに忠実ぶりが発覚。アルテ実装からの旗実装に、弊社の☆が多忙です。ピックアップ とは。

 

ステ_婚活イベント
推しのイベントダービー*9でも考えていなかった都築さんの出演に、「何でおるん!?」と戸惑う。出演周期が早くない!?
去年のウェディング冬美くんと並べたらいい感じやん?と、絶対に衣装が欲しかったです。並ばべて踊らせたいんや!「SRバッジがあるから一枚出たら終わり!」というWD時を思い起こす状況ながら、無償☆の範囲で来てくれたのでセーフ。
順番的にアルテPUガシャがもうすぐ来るだろうと、☆を貯めていて良かったです。まぁ、イベント最中にPUガシャが開催されるとは思いもよりませんでしたが。*10

 

7月

ステ_ピエールくんソロSSR実装
四季くん→かのん先輩実装により「一巡するまで同オリピ内の実装はない説」が崩れたとはいえ、08も09もまだまだ来ないでしょ~と根拠なく余裕をぶっこいていたところにピエールくん(09)の実装。コナモノ×ピエールくん絵は絶対に欲しいので(私がコナモノ大好き)、「1枚取れ次第撤退」策の元、まずまずの範囲で来てくれて感謝。可愛くてありがとう。

 

ステ_「真夏のひまわりフェスティバル」
大吾くんガシャがそろそろ来るだろうと予想していたので驚きはなかったのですが、せめて8月にしてほしかったな!?とピエールくんソロガシャを回したばかりのボスは思いました。しかし、おばあちゃん(ボス)は無邪気な14歳大吾くんにおこづかいをあげたいし、大吾くんには健やかに育ってほしい。1枚取ったらバッジで衣装を着せられるので大丈夫です(毎回これしか言っていない)! 天井はしない程度にぶん回す結果だったので、節約すればお財布的には何とかなるでしょう。大吾くんが一人来るまでにまいたるさんが自力で衣装着用できたのも、WD2019と同じ展開でした(あるある)。サッと引きたいところですが、今後も諦めたくなくなる良衣装の実装をよろしくお願いします。
ひまわりと大吾くんの親和性の高さ~!そして大吾くんはイベントでライブ衣装が少ないと思っていたところなので嬉しいです。ただし、ハロウィンに引き続き猫柳さんと同じお仕事なのに、報酬Rには衣装がつかないため、またしてもライブでおそろいにできないのが残念です…!*11

  

アニメイトカフェ
三宮店は食べ物の注文が一度きり、かつ一時間タイムアタックになるので、お弁当+カエールまん+ドリンク二杯に挑んだ回は忙しかったです。ランダムグッズは、異種交換の末に推しが揃ったので満足です。写真は、「アルテは連続二杯の方がコースターが揃うのでは?戦法」です。WTカナダのお土産をお裾分けありがとうやで。

f:id:yuzuhi:20191231000234p:plain

 

8月

ナンジャタウン
ジャニ事と掛け合わせて行けました。ここが噂のナンジャ…!運営のサイバネ推しに恩恵を受けられるPです(友達の推しと合わせて、推し率が17分の6)。
お仕事ラリーでは、それぞれのキャラクターに合わせた場所にパネルが置かれていました。アルテが神々しかったです。

f:id:yuzuhi:20191231113435p:plain


in市原(ニコ生配信)
浦尾さんの挨拶、「タイムシフトをご覧になってる未来のボス」の響きがとても素敵で堪りませんでした。大吾くんのためなら、ボスは時をかけるよ!朗読劇の大吾くん&ピエールくんが漣くんに笑顔の大切さを伝える場面はゲームにも実装されてほしいです。好き。
イベント出演キャラのみ有償販売のパックがステくんに登場し、ちょっと待って大吾くんめちゃくちゃ選抜されてるやん!?ありがとうございます!!!大吾くん目当てで課金しているとわかる仕組みで嬉しいです。(目当てじゃない方が出るイベントガシャあるある)
大吾くんに似合いまくる赤を着せたい気持ちもわかるけど、大吾くんのピンク色の髪は青い衣装にも映えるんですよね…!天才!

 

9月

ステ_「セブンクリスタル」
冬美くん上位。あれっ!?ステくんポイボ忘れてないー!?となりつつ、完凸をキメるのもすっかり慣れたものです。髪型変更をよくするようになって嬉しい。

 

10月

ステ_WT12インド
8月のAぇ!group(ジャニ)公演にてインドを走った気になっていた*12ので、あれ?また?という気分に。冬馬くん+涼くんの組み合わせに負けない猫柳さんの存在感。

 

モバ_運動会2019
ポニーテールの都築さんがフォロー発生する麗くんコースを、ニコニコしながら走り続けました。多分今までで最高順位。ポニテよきよき。
モバごとについてあまり書いていませんが、ポイボは回収でき、ストーリー読破は若干頑張らないといけないという実力具合で、毎イベント歩いてはいます。ランボRもぼちぼちと。miniちゃんに渡すおみやを回収したいので~。

 

11月

ステ_「Prison Live」
今度こそ冬美くんの初ポイボ…!みのりさん上位は初体験でしたが、みのりPって担タレというかフィジカルというか、ニコニコ笑顔のまま速度を上げるので怖かったです。強い。

 

リアル脱出ゲーム
冬美Pとしてハイジョ回に参加いたしました。普通の脱出ゲームは体験したことがありますが、このイベントはこなすお仕事が多くてヒイコラサクサクと進めていきました。ボイスたっぷり、最後のライブも良かった~!第二弾(あってくれ)の旗アルテに行きたい~!しかし、一ヵ月前に場所も時間も決まっておらず宣伝もしていない劇中の状況が恐ろしすぎる…!デジチケにしてもやで(私怨)!?

f:id:yuzuhi:20191231113330p:plain

 

プロミ円盤イベント
ジャニ事と掛け合わせて上京できそうな開催日程に感謝。声優さんたちのゲームコーナーのちにプロミ上映会(即席オーコメ)がとても楽しかったです。想楽くんPはこだまりあPに感謝すべきですね!?となった90分でした。
【レポツイ:一月中に完成させる予定】

f:id:yuzuhi:20191231000406p:plain

 

12月

チアリング上映会
4th LIVEを初めて映像で眺めました。当たり前ですが、現地で推しカメラをした私の記憶とは違うカットで、やっぱり自分の目で見ることが大事だと思いました。
ご本人に伝わる可能性があるから、\そんなことないよー!/は具体的に言うことが大事だと思った次第。>「ホリエルはガリじゃないよ!マグロだよー!」案件

 

ステ_WT13イギリス
ガシャで九十九先生を引けず、最終日に寝過ごして5000位ボーダーに乗れなかったため、弊社はイギリスに出国していません状態。

 

神戸観光
ジャニ事で神戸に向かい、オリピの聖地巡礼もしました。「ここか!?」「いや、ここかー!?」とあれこれ言いながら写真を撮り、楽しかったです。付き合ってくれた友達に感謝。

f:id:yuzuhi:20200102165953p:plain

 

ステ_猫柳さん初上位
猫柳さんはお顔が好みのタイプ*13なので、走らせていただきました。ライブのお仕事衣装が好きです。

 

+++

Mマスに触れて考えたこと

FES予想
絵アドが高いし交流エピソードが提供されるしコンビイラストを描く人も増えるしで、いいことづくしのガシャだと思っています。公式の発表があるまでは希望を言いたい放題なので、記しておきます。
思いっきりガシャを回せるように、推し+推しが最大の希望です。
 ●大吾くん+ピエールくん…笑顔重視SPと軽やかなアクション披露を見たい。
 ●冬美くん+麗くん…都築さんの話をしてほしい。乃木坂の「ぐるぐるカーテン」みたいな秘密のお喋り空間を希望。
都築さんはクリスさんと穏やかな空気がいいかな~と思っています。もしも叶ったら、テンション爆上げでガシャを回しまくることでしょう。

 

リメショ所感 

毎月の発表と考察を眺めるのが楽しいです。大吾くんは兜を被った端午の節句か、七五三の袴だと思っている(単に見たい)ので、それまでプラチケを貯めまくるぞ…!

 

WT所感 

03から08まで一年間走り続け、4th LIVEでは推し全員が出国済みの状態でした。ポイボSR(大吾くん)、ランボSSR(冬美くん)、ガシャSSR(硲さん、麗くん)、ガシャSR(都築さん、ピエールくん)と全ての形態を体験しました。
誰がどの形式になるのか、ユニット内のバランスを考えられつつ大体納得のいくものでした。*14少し他人事の話し方なのは、私がプロデューサー業を始める前の売上・ボーダー諸々の数字で決めただろうからです。チャンスをもらった時にきちんと結果を出すと次に繋がるのは、3次元も2次元も変わらないですね。
楽曲的には、キラキラした可愛い曲が好きなため、フィンランドとカナダが特に好きです。かわいくてにっこり平和。
ステくんを始めたのがWT開始少し前だったので、もうあと一ヵ国まで迫り、時の流れを感じます。


その他

同じ「Mマス」にしても人によって求めるものの比率(作画、キャラ描写、イベント出演頻度、ボイス実装、ゲーム性、楽曲、声優ライブetc.)が違うことは感じており、私は「アイドル」好きであってもこれまで二次元に通じていなかった分、どれくらいの分量が"普通"なのか"恵まれている"のか"足りない"のか、測りかねている部分があります。
推しを肯定すること、そして「アイドルが好き!」という根源的な欲求を私に思い出させてくれたMマスには本当に感謝しているので、できるだけ楽しい時間が長く続きますようにと祈っています。

 

+++

その他関連記事

315プロとボスの9ヵ月 - 柑橘類の陽

*1:兜大吾P、都築さんびいきのアルテ、冬美くん、ピエールくん、硲さん推し。

*2:関西ジャニーズJr.が正月に大阪城ホールでコンサートを開催する時にお馴染みの「真冬の寒空の下、川沿いに、始発で並んでも8時間は並ぶ」地獄のグッズ列。列の長さが人気バロメーターどうこうはいいから、事前通販をしてほしい。

*3:Jr.担からすると、1つシリーズが始まると「最後まで全員やる」のが当然だと思える状況が羨ましいんです。

*4:https://twitter.com/SideM_LOS/status/1105030602590281728?ref_src=twsrc%5Etfw

*5:「涼くん上位も頑張ります!」とも言っていたので、「ほぼほぼ終わる とは」状態でしたが。

*6:https://twitter.com/SideM_LOS/status/1116219333439438850?ref_src=twsrc%5Etfw

*7:ウォークマンでカナダ曲のイントロが流れる度にこの時の出来事を思い出し、ニコニコします。

*8:https://twitter.com/SideM_LOS/status/1130714841382084608?ref_src=twsrc%5Etfw

*9:3月WD硲さん(どれが来てもおかしくない)、4月WTカナダ麗くん(ポイボorガシャ)、ゲーム大吾くん(ガシャ濃厚)。5月下旬の冬美くんと都築さんはまだでしょう、という読みでした。

*10:https://twitter.com/SideM_LOS/status/1141586478377533440?ref_src=twsrc%5Etfw

*11:https://twitter.com/SideM_LOS/status/1153167788996829184?ref_src=twsrc%5Etfw

*12:インドをテーマにした3人ユニット曲が披露され、WT感がする良いインドでした。

*13:二次元も三次元も ω←こんな口 に弱くて、気づいてからいつも恥ずかしくなります。

*14:大吾くんがポイボSRということは、涼くんSSRで九十九先生はガシャSRだろうと予想していました。

2019年現場まとめ

2019年の現場に関する振り返り記事です。

 

+++ 

2019年の感想

今年は複数いる推しを追うだけで手一杯な状況でした。来年は他にも足を伸ばせる余裕ができたらと思います。

どこの界隈もチケットが取れづらく、Aぇの奈良も、∞の奈良も、なにわ男子の大阪もチケットが取れず、近場で開催されても参加できないことによるストレスが多々ありました。*1かといって、ほぼ都内開催な声優さんのイベント参加を増やすのも現実味がない話なので、どうしたものかと頭を抱えています。鮎川太陽さんも最近は声優業を増やしているので、これまで以上に都内開催が主になりそうなんですよね…。
「チケットが取れやすい」「開催地が近い」界隈に推しができたらそっちに行くぞ、と名義には申し付けています。できれば「接触があまりない」「認知されにくい」という条件を付けたいのですが…そうなるとジャニ現場がいいのよな~と堂々巡りです。

京セラドームのチケット具合から関西Jr.の人気拡大を感じるので、今までのよう何回も参加できるだろうという甘い考えは捨てて、松竹座用に予定をあけていた3月8月12月と、卒業した推しの生誕祭がこれまであった10月も、どんどん予定を入れていこうと思います。名義が私の現場を決めてください。

そして今年は初めての会場へ向かうことが多く、行程や宿泊を考える余裕がない時期は余計にしんどかったです。実際に向かう頃には現場ついでの観光を楽しむゆとりができていたので、来年も無理をしない程度に旅行を楽しみたいです。

現場の日程被りが多く、「体と時間が足りない」が口癖でした。お金はその次ですね。らぶたん(多田愛佳さん)の現場はド被りすぎて断念したので、2020年は一回だけでも行きたいです。

去年から感情を揺さぶる出来事が多くて、もう順番を覚えていないくらいに記憶がないので、2020年の目標は「記憶を確かにする」です。楽しいことがたくさんありますように。

 

+++ 

2019年ベストパフォーマンス楽曲

Altessimo「Tone’s Destiny」(Mマス4th LIVE 一日目)
 …アルテ楽曲で一番好きな曲を現地で観られて嬉しかったですし、幻想的な空間で得難い時間でした。円盤に収められているイントロの2人の表情がとても良い…!

F-LAGS「夢色VOYAGER」 (Mマス4th LIVE 二日目)
 …二日目のトップバッターをキメるうちのユニットかっこいいでしょー!?自慢の推しユニットなんですけど!!と、カッコ良さに号泣しました。

● なにわ男子「ダイヤモンドスマイル」 (8/8 東京ドームJr.コン)
 …あけおめコンから披露してきた中で、一番輝いていたパフォーマンスでした。煌めきに救われた人は、決して少なくないはずです。

NMB48「僕らのレガッタ (10/13 大段舞依生誕祭&卒業公演)
 …研究生時代に披露した楽曲を、当時の仲間とともに。センターで披露する姿が綺麗でした。

感傷的な部分も多いですが、一年を振り返って「良かった」と単純に思うパフォーマンスです。∞さんの「十五祭」は、一曲というよりも全体として良かったので別枠です。

 

+++ 

女子ドルごと

NMBの推しの卒業に伴い、モチベーションが下がっております。最近はキャン待ち後半要員になっていますが、頑張ってほしかった10月までは想像以上に健闘してくれた名義なので、ねぎらいたいです。
今年はNMBのドラ3&6期を覚えました。なみみ(坂本夏海ちゃん)を一番見た気がします。新たな推しを探したいのもあって、7期募集を望みます。SKEは10期が加入しましたが、まだ9期も覚えていない状態です。
握手会へ申し込む気力が出てこないので、2020年は時折劇場公演に行くくらいになりそうです。まだ参加したことのない「難波愛」公演と「重ねた足跡」公演は早く観たいです。

半年ぶりに12月にSKE劇場に行ったら、生写真の販売形態が変わっていたのでびっくりしました。参加した公演の集合写真は絶対に買うので、お見送り前の配布に変更はありがたいです。(遠征ゆえ、公演の開始時間によっては購入列に並ぶ時間の余裕がないので。)

今年は自分の誕生日(月)をフルに活かして公演に参加できたので、それぞれの違いを記しておきます。

◆誕生日当日のNMB劇場公演◆
・チケット購入の入場チェック時に、「推しメンとニックネーム」を確認される。(チケット発券レジでも、念押しで確認されました。)
・公演後のお見送り前に誕生日当日の人が整列するよう呼ばれ、一番初めに並ぶ。
・「これを掲げていると、メンバーに今日が誕生日と伝わります」と、推しメンの写真とニックネームが入った名札シールを配られる。*2

NMB劇場逆生誕公演◆
・誕生月の人が当選しやすい(それ以外の人も当たる)。
・公演中にハッピーバースデーの歌をみんなで歌う。
・お見送り後の廊下で、スタッフさんからメッセージカード(公演参加メンバー直筆カードのカラーコピー)を頂く。

◆SKE劇場逆生誕公演◆
・該当する2ヵ月に誕生日がある人しか申し込めない。(5月6月生まれ→6月開催の公演)
・特別な一曲(「涙サプライズ!」)を披露。
・お見送り直前で、スタッフさんからメッセージカード(公演参加メンバー直筆)を頂く。

 

+++ 

【おまけ】2019年参加リスト

---

(ピンク色…女の子、オレンジ色鮎川太陽さん、…Mマス・声優さん関連、…ライビュ。)
回数抜きの表示です。複数会場で行われた演目に関しては、県名や会場名を記載しております。

---

1月
関西ジャニーズJr.「関西ジャニーズJr. LIVE 2019 Happy 2 year!! ~今年も関ジュとChu Year!!~」
嵐「ARASHI Anniversary tour 5×20」(大阪)
SKE48 チームE 「SKEフェスティバル」公演
AKBリクアワライビュ(25~1位)

安田章大 主演音楽劇「マニアック」(大阪)
NMB48 チームMアイドルの夜明け」公演

 

2月
ジャニーズWESTジャニーズWEST LIVE TOUR 2019 WESTV!」(大阪)
AKB48 チームK「RESET」公演
SKE48「青春ガールズ」公演

舞台「機動戦士ガンダム00-破壊による再生-」(大阪)


3月
関西ジャニーズJr.「関西ジャニーズJr. Spring Special Show 2019」
315プロミライビュ(15日・16日・17日)
映画「少年たち」舞台挨拶(京都)

4月
欅坂46 3周年ライビュ
NMB48研究生「夢は逃げない」公演

浦尾岳大 出演朗読劇「LOVE×LETTERS」
Aぇ!group「僕らAぇ!groupって言いますねん」
映画「少年たち」実演ライビュ
→映画感想(映画「少年たち」雑感 - 柑橘類の陽
NMB48「近畿十番勝負2019」(チームN・兵庫)

 

5月
NMB48チームN「N Pride」公演
AKB48「ジワるDAYS」個別握手会(大阪)
THE IDOLM@STER SideM 4th STAGE ~TRE@SURE GATE~」(11日・12日)
NMB48チームN「N Pride」女性のお客様限定公演
鮎川太陽出演舞台
黒子のバスケ」ライビュ

HKT48「意志」個別握手会(大阪)
土岐隼ー 1st Single「約束のOverture」お渡し会(大阪)
 
→忘備録(声優さん接触イベント参加にあたっての忘備録 - 柑橘類の陽

 

6月
NMB48研究生「夢は逃げない」公演
SKE48 チームK2「最終ベルが鳴る
」5月6月お客様生誕月公演
NMB48 チームB2「2番目のドア」6月生まれのお客様歓迎公演

 

7月
乃木坂46 映画公開舞台挨拶ライビュ
NMB48チームN「N Pride」公演
NMB48チームM「誰かのために」公演

内博貴イン・ザ・プール」(兵庫)
関ジャニ∞「十五祭」(大阪)
 →感想もろもろ(「十五祭」雑感と春から考えていたこと - 柑橘類の陽

 

8月
「ジャニーズJr.8・8祭り ~東京ドームから始まる~」
 →感想(「ジャニーズJr. 8・8祭り ~東京ドームから始まる~」雑感 - 柑橘類の陽
Aぇ!group「僕らAぇ! groupって言いますねん」関西凱旋ツアー(京都)
 →感想(4月グローブ座と同記事予定)
関西ジャニーズJr.「少年たち 青春の光に…」
NMB48チームN「N Pride」公演
嵐「ARASHI Anniversary Tour 5×20」(大阪)

 

9月
Aぇ!group「僕らAぇ! groupって言いますねん」関西凱旋ツアー(滋賀)
佐藤アツヒロ内博貴 舞台「ブラックorホワイト?―あなたの上司、訴えます!―」(大阪)
堂本光一出演ミュージカル「Endless SHOCK」(大阪)
榎木淳弥堀江瞬 ラジオ「エノホリック」京まふ公開イベント、お渡し会
 →レポツイ(https://twitter.com/yuzuhi_pic/status/1191346266975940610)
NMB48研究生「夢は逃げない」大段結愛 卒業公演
NMB48 チームN「N Pride」公演

 

10月
NMB48 チームN「N Pride」大段舞依 生誕祭&卒業公演
 
→(幸せになってくれなきゃ困るぜベイベー~大段舞依さんご卒業に寄せて~ - 柑橘類の陽)
NMB48出演「平城京天平祭FM OH! Dramatic Live」

 

11月
安田章大 主演舞台「忘れてもらえないの歌」(大阪)
なにわ男子「なにわ男子 First Live Tour 2019 〜なにわと一緒に#アオハルしよ?〜 」(横浜)
堀江瞬 出演イベント「デュエル学園 番長列伝」
内博貴「Winter Paradise 2019 ~ふゆパラ~」
THE IDOLM@STER SideM PRODUCER MEETING 315 SP@RKLING TIME WITH ALL!!!」Event Blu-ray発売記念イベント

 

12月
「Aぇ! group First Live Tour 2019 ~ボクたちがやっちゃってAぇ! んですか~」(大阪・兵庫)
SKE48 「手をつなぎながら」公演
土岐隼一永塚拓馬 出演イベント「パニーニとぼくとその他vol.1」
「KING OF PRISM Rose Party 2019」DVD&Blu-ray発売記念!プリズム☆シネマパーティー(大阪)
錦戸亮錦戸亮 LIVE TOUR 2019 “NOMAD”」ライビュ
佐藤アツヒロ「Atsuhiro X'mas Event 2019 Love Song for you」(大阪)
嵐「ARASHI Anniversary Tour 5×20」ライビュ(奈良)
KinKi KidsKinKi Kids Concert Tour 2019-2020 ThanKs 2 YOU」(大阪)

 

+++

これまでの参加現場まとめ

2018年現場まとめ - 柑橘類の陽
2017年参加現場まとめ - 柑橘類の陽
2016年参加現場まとめ - 柑橘類の陽
2015年参加現場まとめ - 柑橘類の陽

*1:奈良県NMB48でさえコンサートを2014年以来行っていない状態で、その理由も大体わかるのですが、大阪・京都・兵庫へ行ったらええやん(理由部分)にしても、滅多にない地元開催のコンサートには参加したかったです。「奈良公演に当選したグループを好きなグループ名に一年書く!」と前から言っているくらいなので。2019年の奈良県杯優勝は嵐さん(ライビュ)です。

*2:お見送り時に最初に整列できること知っていましたが、名札シールのことは知らなくて、「記念にシールをもらえるのか。ラッキー♪」と呑気に思っていました。アイドルへの一歩踏み込んだ自己アピールが苦手なので、まいち(姉)のシールでゆいちゃん(妹)ウチワ持参という、流れがわかりやすい状態に赤面しました。

幸せになってくれなきゃ困るぜベイベー~大段舞依さんご卒業に寄せて~

私の中の一つの区切りとし、思い出をそっと青春の小箱に入れるため、NMB48の4期生として2012年にアイドル人生を始めた大段舞依さん(以下、まいち表記。)との記憶を書き留めておきます。

 

 

+++

推し始めてからの6年間

2期生の推しが卒業し、その後加入した3期生の中で見つけた推しも卒業し、「それでも好きになることは諦めないぞ!」と半ばヤケになっていた2013年初頭がまいちとの出会いでした。4期生も加わった研究生の「青春ガールズ」公演に参加し、「私が好きなパフォーマンスはこの子かこの子かな~。」と二人に絞ったところで、その二人の内一人であったまいちが、MCで自分のほっぺたをふにっと伸ばしました。その瞬間、「はい、好き。」とまいち推しになる心が定まりました。*1おもち属性が大好きです。

f:id:yuzuhi:20191023225417j:plain

入場がまだリストバンド形式だった頃の公演。

初期は「エビ好きです!」というアピール*2を行っていたまいちは、同期の中で年上だったこともあり、カップリング曲のメンバー選出*3等、決してチャンスがなかった訳ではありませんでした。しかし、研究生ブームの時代を経た2014年2月、グループ全体の大組閣(研究生から正規メンバーへの昇格も含まれました)が行われた際、まいちの名前は呼ばれませんでした。
夏に研究生12人だけで行ったツアーの神戸公演*4は随所にメンバーの気合いを感じ、今でも「楽しかった!」と時々思い出すくらいに良い公演でした。
秋にはその12人で「想像の詩人」公演が始まりました。どうしたら昇格できるのか、まいちだけでなく他のメンバーも、きっとたくさん悩んだだろうと思います。翌年2月に全員が昇格し、それぞれのスタートに立ったことで、一つの区切りがついたように思いました。今でも特別な、がむしゃらな青春の1ページでした。

まいちといえばまず「2019倍可愛い♡」*5というフレーズのぶりっ子キャラが思い浮かぶと思うのですが、「家ではぶりっ子じゃないのに」と妹さんに生誕祭の手紙で言われてしまったように、初期は"キャラ"としてやりきっていないように感じていました。どうせならぶりっ子をやりきって、「あざとい」と言われるくらいに可愛さを極めてほしいと思っていました。次第にキャラクターとして成立し、「自分ではわからないけど、あざといって言われるんです~♡」と言うまでになった時には、とても嬉しかったです。
あやてぃん(森田彩花さん)との「ブス~」「逆逆~!^^」「スブ~」「そういうことじゃない!」という仲の良さゆえのやり取りにも、笑わせてもらいました。
ぶりっ子キャラに対して「おいおい(笑)」と返すのがセオリーな人が多いかと思いますが、私は直接伝えられる機会があると「めっちゃ可愛い!」と伝えてきました。だって可愛いんだもん!

ありきたりかもしれませんが、私がまいちを好きなところの一つに「全力でやりきるところ」があります。
自己紹介の後に簡単な一文二文を加えて会場を盛り上げたり、MC後半入場の時にぶりっ子しながら来たり、Nツアーで客席お立ち台の際に「見たらあかんで?」という感じで下の方にいる女性客をメッといなしたりと、まいちがステージ上でアイドルをやりきる姿を見かける度に\好き!!/と高まっていました。
他にも、「毎日ブログを更新してるのに全然コメント増えへん!」とお見送り*6の時に言っていましたが、ブログでコメント番号を3つ選んで次の記事に回答するというコーナーを作ったり、ヨガ配信を頑張ったり、握手会でアロマを焚いてみたり。色々と工夫を凝らすまいちの握手列が次第に伸び、目に見えて女性ファンが増えるのを体感し、嬉しくて泣きそうでした。部数も増えました!

「皆さんをガチ恋認定します!」と生誕祭公演で言ってくれた年もありました。
私は同性なのでまぁガチ恋ではないんですけどね、ははは。というスタンスでいようも、握手会で「可愛い~♡」とイヤリングを触ってくれる度にドギマギしすぎて倒れそうになっていたチョロオタなので、私が男性だったら確実にまいちにガチ恋で「俺のまいち!」「まいちしか!」と言っていたことでしょう。わはは。

そして2018年に妹の結愛(ゆい)ちゃんが6期生として加入しました。ゆいちゃんの加入は、まいちのアイドル人生の意味があったことの1つだと思います。決して楽しいことばかりではないけれど、まいちが頑張ってきた姿を傍で見ていたからこそ、ゆいちゃんはNMBに憧れたのではないでしょうか。まいちとそっくりなお顔立ちにプラスして八重歯(好き)のゆいちゃん。似てるとはいえ当然まいちとは別個の人間で、つかみどころのないキャラクターが面白かったです。
大段姉妹グラビアが実現したのはゆいちゃんの運のお蔭なので、本当に感謝しています!*7

AKBではチームの好みがB→K→Aなのですが、まいちのチーム異動がB2→M→Nという順番で、ちょうど私の好み順でした。まいちがチームNに異動すると聞いた時に「B2にいるまいちもMにいるまいちも好きだったから、Nにいるまいちも好きになることでしょう」と前向きに思えたのは、これまでのまいちのお蔭です。
今年のツアーの兵庫公演*8では開演前の挨拶をまいちが担当し、「この会場は前に研究生公演で来たから楽しい思い出しかないな~」と考えていたところだったので、少し泣きました。

24歳の生誕祭公演でまいちが年齢について悩んでいることがよくわかり、もしかしたら25歳のまいちを見ることはできないのかもしれない…と密かに覚悟していました。これまで以上に会いに行こうと行動したので、後悔はありません。まいちがいなくてもNMBを好きなままでいられるか、自信はまだありませんが、時の流れが解決してくれると信じています。

 

+++

各チーム劇場公演の所感

研究生「青春ガールズ」公演

まいちはユニット曲「雨の動物園」でライオン役を担うことが多かったです。*9サビ前に\ライ!オン!さ~ん!/とコールするのがお決まりでしたが、他グループの同公演ではコールがなく、独自文化であることに後から気づきました。

 

研究生「想像の詩人」公演

12人編成、全15回の伝説公演に、直接参加はできず。
しかし、「Must be now」(限定盤Type-C)に千秋楽公演が収録されており、今でも楽しめます。久しぶりに観ると、この時から今のまいちの表現力に差を感じ、それだけまいちが頑張った証拠であると思いました。

 

チームB2「逆上がり」公演

まいちの参加ユニット曲は「エンドロール」「わがままな流れ星」「愛の色」「抱きしめられたら」。私は「わがままな流れ星」を見ることが多かったです。この頃は、元気で可愛い曲のまいちを観るのが好きでした。

 

チームMアイドルの夜明け」公演

AKBではチームBのセトリが好きなので楽しかったです。一曲目「アイドルの夜明け」のキラキラさに泣きそうになりますし、中盤の「そばかすのキス」も楽しすぎて泣きそうになりました。
「口移しのチョコレート」「愛しきナターシャ」と大人っぽいユニット曲を担当するようになりましたが、私が一番好きだったのは「片思いの対角線」です。全編に渡り切なさがあふれていて、\私の推しは天才!/と世界中に触れ回りたくなるくらいに大好きでした。

 

チームN「N Pride」公演

今年の3月に始まったばかりの公演ですが、ハイペースで観劇できました。

・「偉い人になりたくない」…サビの大きく四角を描く振り付けが、「答案用紙」「窓」「本」と歌詞は違っても同じ四角で表せるのかと気づいた時のアハ体験。
・「Innocence」…まいちがソロ歌唱メンバー(3人)時の公演にも参加できました。「爪立てた」で(ガオーみたいな)爪を立てるポーズの時の表情が小悪魔で良かったです。

<参加ユニット曲>幸いなことに、3曲とも観ることができました。

・「シャワーの後だから」…椅子に膝をついて動く時の背中からお尻にかけての曲線が、至高の美しさでした。
・「西瓜BABY」…ひたすらに可愛いまいちを楽しめます。3つの中では唯一コールができる曲。
・「愛しさのdefence」…切ない+カッコイイ楽曲。

 

+++

卒業発表を受けてから

ゆいちゃんのツイートで、まいちの卒業発表を知りました。考えられる中で一番良い知り方だったので良かったです。

最終稼働日がもう10月13日に決まっているんや…10月13日って、なにわ男子のEXPOライブ日やん!?まいち生誕祭公演の実施を考慮して元々あまり予定は入れてない10月に、被る!?何で!?応募すらできないの!?と動揺しましたが、翌日には何とか3つの方針を立てました。

①ゆいちゃん卒業公演(9月24日)に応募する。
②まいちの生誕祭公演があったら応募する。(卒業するまでにもう一度だけでも劇場で見たい。)
③13日に昼公演があったら応募する。

他にも心配事や悩み事がある時期でしたが、ひとまずこの3つだけは何とかできるくらいに頑張ってほしい、自分。情緒がジェットコースターな中、日常生活を過ごしました。

 

①9月24日 NMB48研究生「夢は逃げない」大段結愛 卒業公演

ゆいちゃんは、笑うとハチャメチャに可愛いんです。まいちと同じくダンスは苦手そうでしたが、それはこれから何とでも巻き返せることですし、MCでの不思議な発言もまだまだ面白くなるだろうと楽しみでした。もっとゆいちゃんの活躍を見たかったですが、自分の意志で決めた次の道を頑張っていってほしいです。

ラストソングについては、大段姉妹が見られる最後のチャンスだけれども、研究生全員でもやりたいだろうしな…と考えていました。ゆいちゃんのアイドル人生最後に選んだ曲は、研究生全員+まいちで披露の「約束よ」でした。両方の希望が叶うなんて!大正解!!明るくて前向きなお別れの歌のイントロに涙腺を刺激され、まいちの姿が見えた瞬間、熱い涙が溢れ出ました。ゆいちゃん8連コールをもう一度できて嬉しかったです。まさか、姉から妹へ卒業の金プレートを渡す姿を見られるとは思っていませんでした。
これが劇場でまいちを見る最後の機会だったかもしれない…ありがとう…。


②  9月28日 NMB48 チームN「N Pride」公演
なかなかスケジュール発表がされなくて、ギリギリの募集・当落発表だった日の公演です。13日の開演時間が発表されるまで応募を控えるか悩みましたが、どうしても一回は見たかったので応募しました。誰の卒業発表もない通常公演での姿を観られて、やっぱりまいちが好きだな~と噛みしめながら帰りました。
今度こそ劇場でまいちを見る最後の機会だったかもしれない…ありがとう…。

 

そして発表されたまいちの生誕祭&卒業公演は…11:15開演!?終演後に万博公園まで余裕で行けるやん!?めっちゃ応募できる!!と盛大な喜びとともに、「当選したばかりの同一公演が果たして当たるのか!?」と心配になり、当選したい欲が出てきました。同一公演は14日間当たらないんでしたっけ…15日間?微妙な公演日の間だけども、果たして推し登録日数で優遇されるのか…?と調べても確証を得られない中、投げました。結果、モバイル枠当選でした!
<誰かの参考になるかもしれない当選歴>
①  9月24日 NMB48研究生「夢は逃げない」大段結愛 卒業公演→キャンセル待ち中盤・入場。(チェックメンバー登録)
②  9月28日 NMB48 チームN「N Pride」公演→キャンセル待ち前半・繰上当選。
③ 10月13日 NMB48 チームN「N Pride」大段舞依 生誕祭&卒業公演→モバイル枠当選。(推し登録2000日以上)

13日に応募できないかもしれない恐れがあったからこそ②の公演にも応募しましたが、最初からスケジュールがわかっていたら、卒業公演に備えて名義を温存させたでしょう。*10結果論ですが、まいちを劇場で見られる回数が増え、ご縁があったことが本当に嬉しかったです。

当選してからの心配事は、週末の日本列島を襲うと警戒されていた今年最大の台風19号でした。その後、なにわ男子のEXPOは両日とも荒天中止となり、12日に横浜で開催され、卒業セレモニーが行われる予定だったNMBの個別握手会も中止となりました。こうなるともう、13日の朝には何事もなかったように台風が過ぎ去り、無事に公演が開催されることを祈るのみでした。

 

③ 10月13日 NMB48 チームN「N Pride」大段舞依 生誕祭&卒業公演
まいち推しの人が集結して特大のまいちコールを贈れる生誕祭公演が、一年で一番好きな公演でした。開演前にもまいち推しの人がたくさんいると感じられて、心強かったです。
あの曲もこの曲も最後だという実感がないまま、公演が進みました。
ラストソングは「僕らのレガッタ」と「ビーチサンダル」の二曲、現在NMBに在籍している当時の研究生仲間とともに披露しました。「想像の詩人」衣装の白いワンピース(後でファンから贈られた白い花冠がピッタリでした)で踊る姿はまさに青春の1ページで、眩しすぎました。

メンバーのMCや卒業委員さんの言葉に「せやな」と頷くばかりでしたが、「せやな」の上に「ほんまやな!」と確信できたのは、太田夢莉さんの言葉でした。
「どんなに滑ってもちゃんと拾ってくれるのは、まいちだけなんですよ。滑っても嫌な顔をしたところを見たことないです。卒業後何をするか知らないですけど、何でもやっていけると思います。」
せやな!ほんまやな!!まいちはこれから何でもやっていけて、幸せになりますよね!!!スッと心が晴れたので、太田夢莉さんには大感謝です。 ちっひー川上千尋さん)のツイにあった二人の後ろ姿もとても良かったです。*11

 そこから私の中のBGMは、嵐の「愛を叫べ」になりました。推し(俺たちのマドンナ)が幸せになるよう愛を叫ぶ日…って、この卒業公演も同じじゃないですか!?何だかんだで私はガチ恋だったのか!?もう何でもいいですが!

振り返ってみると、「アイドルになりたい」とNMBの門戸を叩いたまいちの成長を見届けられた6年と少しの間は、とても楽しかったですし、推せて良かったです。これからもずっと私の中で、まいちはアイドルです。
配信で「みんなすぐ他の子のとこに行っちゃうんでしょ?」と言っていましたが、そんな簡単じゃないですからね?2期生の推しが卒業した時に「公演に行きたかった」と後悔し、3期生の推しが卒業した時に「握手会で直接好きを伝えたかった」と後悔しました。まいちが卒業するとなった時に考えましたが、「○○したかった」という後悔が思い浮かびませんでした。本当に楽しかったです。

劇場公演にはこれからも時々行くつもりなので、いつか新しい推しが見つかるかもしれません。その時も好きになることを臆せず、まいちと同じように「推せて良かった」と思えるようなオタク活動ができたらと思います。

私の推しは最高だ!と思えるまま、次の道に進んでくれてありがとう!!卒業おめでとうございます!*12

幸せになってくれなきゃ困るぜ ベイベー
素晴らしい未来へ 愛を叫べ

*1:すごくささいな理由で好きになることがあるので、アイドルさんには毎回気を抜かないで公演に挑んていただきたいです。

*2:好きな食べ物アピールは、覚えるためのとっかかりにはなりますが、「キャラクター」として昇華するまでやりきるのは難しいので(例外:フレッシュレモンちゃん(市川美織さん)、うどん姫(川上礼奈さん))、次の手を考えつくまでの時間稼ぎになってしまうな~と最近思っています。SKEのほのの先輩(相川暖花さん)(みかん大好きキャラ、実際好きなのはぶどう?)の次の展開が気になるところです。

*3:「思わせ光線」「プロムの恋人」に参加。

*4:NMB48 Tour 2014 In Summer 世界の中心は大阪や ~なんば自治区~」7月24日公演

*5:2014年から始まり、年が明ける度に可愛さが増すシステムです。何に対する(西暦)倍なのかとか尋ねるのは無粋です。

*6:2017年11月15日チームM公演。

*7:https://www.youtube.com/watch?v=Argn6zTfdTo

*8:NMB48 近畿十番勝負 2019」4月17日チームN公演。

*9:推しカメラすぎてどこのポジションなのかわからず、ユニット曲でようやく気づく始末です。

*10:8月末にN公演に入った時も「これでまいち生誕祭公演まではN公演への応募は控えよう」と思っていました。

*11:https://twitter.com/kchi_hi1217/status/1183402777294204930

*12:4期生 大段 舞依! 卒業。ありがとう。 | NMB48オフィシャルブログpowered by Ameba

「十五祭」雑感と春から考えていたこと

 

 

+++

「十五祭」雑感

周囲にeighterがいない方からはどう見えていたのかわかりませんが、不穏な噂でファン全体が春からざわめいていたため、コンサートに参加した方の感想が「このまま∞は続いていく!安心!」or「あかん、やっぱり噂は本当なのでは…」と二極化する、笑える(笑えない)状態でした。

私の場合は、観終わって「明日私は死ぬのかな?」と思いました。それくらいに満足するセトリで、もし明日死ぬとしても悔いがありませんでした。
8周年、10周年で見たかった景色。かつて8人であったことを隠さず、歴史の一部として扱うこと。カップリング曲の存在は忘れていたんじゃないのか、もう踊りたくないというわけではないのか。色んな思いが巡りましたが、どの瞬間も良いコンサートでした。

個人的には、新しく作られた「∞ o'clock」の歌詞に「村神様」のフレーズがあったことで、昔の自分を許せそうで良かったです。*1

「LIFE~目の前の向こうへ~」で流れた歴代の「LIFE」映像は、泣いてしまいますね。あれはズルイ。もっと売れたかった、関ジャニ∞の勝負曲だと思っているので、どの時代の「LIFE」を見ても戦う意志を感じます。

本編最後の挨拶の代わりに全公演同じメッセージ映像だったことと、ラストの曲が「咲く、今。」*2であったことが美しすぎるあまりに完結・別れを感じさせ、余計にファンの間で不穏な空気が増していたのかもしれないと思います。

 

+++

春のざわめきで考えていたこと

「不穏な噂でファン全体が春からざわめいていた」と初めに書きましたが、私はeighterの中では穏やかに過ごしてきた方だと思います。

ネット・週刊誌の記事やワイドショーは、オタクでも書けるような番組・雑誌の発言まとめ記事だったり、想像・妄想だらけのソースどこ?記事ばかりだとこれまででわかっているので、不穏な記事が出ても「また何か言ってるな」くらいのもので、気にしていませんでした。*3それでも時々、錦戸担の母が「亮ちゃんが脱退するって記事が出てる…」と話してきたので、ざわめきの元の内容は大体把握していました。

無関係な場所で好き勝手に何を言われたとしても、結局は公式の発表が全てだと思っています。ミステリー小説と違って全ての情報がフェアに公開されている訳もないのですから*4、真実どうこうとは別に、公式の発表は「こう思ってほしい」という会社の意思表明であると考えます。なので、非公式な場所からわざわざ自分が不安になるための情報を集めて、都合の良い(悪い)道筋を作らなくていいはずです。

「どうしてこんな記事がネットにたくさん出るのか…」「記事にアクセスが増えるとお金が入る仕組みだから、本当でも嘘でも無責任に何でも書くんでしょ。」というやり取りを何度もしました。

「もし噂が本当だったら自分は何をしたいのかを考えたらいいんちゃう?」とは何回も言いましたが、どうして無責任な記事をそこまで信じて、わざわざ不安を大きくさせる方向へ行くのか不思議に思っていました。*5

 

去年の渋谷さん脱退発表時と違う点は、∞さんからの言葉が少なかったこと、「crystal」のCDが発売されるとなっても音楽番組に出なかったことでしょうか。不安の芽はすぐに育ってしまいますから…。誰に問うても正解が出ない、宙ぶらりんの状況が続くのはしんどいです。『週刊誌の報道によって、春から覚悟を決められたファンはすぐに現実を受け入れられた。』なんて訳ないです。祝い事もですが、当人が発表すると決めたタイミングより先に赤の他人が発表するのは、無粋の極みです。

 

∞としての活動が少ないもどかしさから、横山さんと大倉さんが関ジュのプロデュースに精を出すことをよく思わない人が増えているのも知っていました。

チケットの倍率的に簡単には言えませんでしたが、二人がプロデュースしていたコンサートを観ていただけたら、そこには後輩たちに対する愛があることがわかると思うんです。メディアに注目されるのも、チャンスや成長の場をもらえるのも、横山さんと大倉さんが多忙の合間を縫って動いてくださったお蔭だとわかるので、関ジュ担の部分で強く感謝しています。二人がどんな気持ちでプロデュースされているのか私にはわかりませんが、頑張る関ジュの姿を見て、救いや希望といった前向きな感情が生まれていたらば、と願います。

発表後の週末に彦根で観たAぇ!groupの姿は、とても眩しかったです。

 

 

+++

9/5以降に考えたこと

9月5日は出張中で、昼ぶりにスマホを見られたのがちょうど17時でした。メールを読んで「は~っ!?」と慌ててサイトに行こうとするも繋がりづらかったので、Twitterでおとなしく情報を追いました。ざっと把握した上でひとまず置いておき、ジャニ事に関係ない友人との食事を楽しみました。帰宅してから改めて公式サイトで動画を確認し、「47発表への転調が激しくない!?」と思った後からずっと、「言ったじゃないか」のサビが頭の中で延々と流れることになりました。

本当のことが知りたいの(神さま)
本当のことなんか知りたくはないの
本当のことを教えてよ(仏さま)
本当のことを言わないでくれよ
言ったら ぶっ飛ばす~~~~~!!

何万何億通りと考えられる発表形態・内容の中でこれがベストではないと思うからこそ、ほんまにこれが公式の見解でええんやな!?と怒っていました。サビ以外の部分は特に当てはまっていないのですが…いや、「crystal」期間限定-多謝台湾-盤の件を合わせて「お祓いした方がいいよ」は思います。その後、他の曲も頭の中で延々と繰り返されていましたが、翌日の夜には頭の中に音楽が流れなくなりました。*6きっと怒りが収まったのでしょう。*7燃料を得なければ怒り続けられませんし、ずっと怒るのは嫌だったので、すぐに収まって良かったです。怒りの後は、「そうか。」と納得するしかありませんでした。

比較的すぐに錦戸さんの退社を受け入れられたのは、直近の嵐コンで聞いた二宮さんの挨拶と、NMB劇場であるメンバーの卒業発表に居合わせたことが大きかったです。

嵐のコンサートで「16歳でデビューして20年で今は36歳。これが26歳でデビューしての46歳だとしたら、次の一歩を踏み出すことを考えるにも全然違ったかもしれない。」という旨の挨拶を二宮さんがされ、「せやな。」と頷くしかありませんでした。年を経る程に再出発が難しくなることを、一社会人としてよくわかります。
劇場公演の最後に卒業発表をしたメンバーから、当日は「『え~っ!?』の声が少ない…」と言われてしまいました。でも、卒業する(辞める)決意を簡単にしたわけでないとわかるから、その決意を否定する「え~っ!?」という声は軽々しく出ないものだよ…でも声が出るように頑張った方がいいのかな…と、しんみりしました。

そこから別れや再出発についてぼんやりと考えていたので、今回の発表でもすぐに受け入れる方向へ変われたのでしょう。

それに、比較的冷静に受け止めているのは「これからも続く関ジャニ∞の世界」に安田さんがいるからだと思います。

自分の中の錦戸さんの思い出を探そうとすると、”毎公演「果テナキ空」の曲中に何度も目を合わせてハイタッチをしていたのに、DVD収録回では「何してんの?」と言わんばかりの目で錦戸さんが見るからロボットダンスをして誤魔化す安田さんの姿があったな~”とか、”まだヤス呼びだった47コン広島のMCで「大倉と章ちゃん」のワードが出た時にすごく喜んだな~”とか、”可愛いユニット曲の制作を依頼した横山さんが途中経過を聞くと、曲名「ブリーフ」で頭を抱えたこともあったな~(終着点は「アイスクリーム」)”とか、どうしても安田さん絡みのエピソードからになってしまいました。

ジャニーズ事務所を去った錦戸担の母と安田担の私では、見えているこれからの世界は違うと思います。それはもう仕方のないことです。

全く同じにはなれなくても「担当が去る」という経験は、∞事の翌週にNMB48の推しメンが卒業発表をしたばかりなので想像がつきます。覚悟をしていたはずなのにめちゃめちゃ動揺し、情緒が不安定になりました。*8友達に「これだけ卒業が続くとNMBはどうなってしまうのか…」と訊かれても、推しが卒業した後の世界を全く思い描けませんでした。グループ全体からするとただの「1人」という数字かもしれないけれど、私にとっては大切な推しの卒業なので、全然冷静ではいられませんでした。
これは私が箱推しでなく単推しであるからか、どうしても「推しがいる世界」と「推しがいない世界」に分けてしまいます。

 

 

+++

これからのこと

9月以降の∞事で笑けたのは、47コンの会場発表時と10月1日の錦戸さん始動時です。おもしろくて笑うというよりは、笑うしかなかったという状態なのかもしれませんが。

友達と「大阪はドームで!東京も!愛知も北海道も福岡も!そうしたら参加できる人がたくさん!」と話していたので、会場が発表されると想像以上(以下?)にキャパの足りなさで笑ってしまいました。移動するだけでも大変そうな無茶な日程にも、あほなん!?と泣き笑いしそうでした。二次元でなく三次元の話ですよねコレ!?
都道府県在住の友達が「えっ○○市!?」と身近な地名にざわめく中、奈良県民は「やっぱり100年会館ですよね。*9」という反応が多かったのはおもしろかったです。秋から行われるAぇ!groupの関西ツアーも同会場で、その時は「他会場と比べてキャパが少ない…」と思ったのに、今回の∞では「キャパが大きい部類に入る!」となるのもおかしい話だなと思いつつ。ここまでキャパが少ないと、「ご縁があったらお会いしましょう」という心持ちです。

錦戸さんの新生活の展開のスピード感は私の中の錦戸さん像とブレがなく、「亮ちゃんっぽいな~」と笑けてしまいました。日常生活で「在職時から次の転職活動をした方がいい」とよく聞きますので、「せやろな」と簡単に納得できました。(もちろんゆっくり休んでからの方が動ける人はいますし、各々に合った方法があります。)
次の情報が何もないとどうしても落ち込んでいってしまうので、次にやるべきこと・楽しみをすぐに提示してくださってありがたかったです。達者でいてください。

もはや、推しには「健康でいてほしい」というのが一番の望みで、次に「楽しい事がいっぱいあってほしい」、その次くらいに「ファンを楽しませてくれるような機会があったら、とても嬉しい」と望むくらい、アイドルに対して求めるものが年々少なくなっています。

錦戸さんはメンバーが嫌いになったから去るということではないだろうと思うので、錦戸さんは、関ジャニ∞は、そう私が思えるだけ充分に夢を見せてくれているのかもしれません。それだけでもありがたいことですし、好きになれて良かったです。

*1:「村神様」と書いたBabunのイラストを、雑誌に掲載していただいた時のこと。「村神様」という言葉を聞きかじった私は賞賛の意味で使ったけれど、どちらかというと馬鹿にしたニュアンスで当時は使われていたのだと後で知り、「馬鹿にするつもりはなかったけれども、もし不快に思う人がいたら申し訳なかった…!」と時々思い出しては反省していました。

*2:関ジャニ∞ 咲く、今。 歌詞 - 歌ネット

*3:とはいえ、eighter人格は酒をのんだくれている感じだったので、若干やさぐれてはいました。

*4:アイドルに限らず普通の人でも、周りに全情報を公開しなくて良いと思っています。事情を知らない相手だからこそ、楽なこともよくあります。

*5:「去年のすばるは本当だった」と言うならばこそ、「自分は何をしたいのか」を考えるのが建設的だと思います。

*6:「言ったじゃないか」→X JAPAN「紅」→(会社でジャニハラを受ける)→日向坂46「ドレミソラシド」→関ジャニ∞「Tokyoholic」…という脳内セトリでした。日向坂になったあたりで、少し気が晴れたのだと思います。eighter人格もお酒を飲むのをやめ、片付け始めました。

*7:NMBの推しメンが卒業発表をしたと聞いた時は、窓の向こうに雨がザーザー降る夜のイメージがこびり付いていたので、何か事が起こる度に頭の中で音楽が流れるという訳ではないようです。

*8:やけ酒をあおりたがる女子ドルオタ人格を、eighter人格が慰めるイメージになりました。

*9:前回の47会場で、奈良県開催となると大体そこになる。